女優・伊藤かずえ、30年間乗り続けている“初代日産シーマ”をYouTubeで公開 「免許を返納するまで乗る!」

 女優の伊藤かずえが11月10日、事務所の後輩・中尾明慶のYouTubeチャンネルにゲスト出演し、30年乗り続けた愛車・初代日産シーマを披露した。

【緊張】先輩女優さんと30年前の愛車日産シーマがやってきた

 伊藤は10月3日に自身のTwitterを更新。「y31」の愛称で知られる初代日産シーマの写真とともに、「シーマに乗り始めて今月で30年。今日一年点検してもらったら日産スタッフの方におめでとうございますクラッカーとお花を頂きました。ありがとうございます」とメッセージを添えた。


 このツイートは大きな反響を呼び、11月11日時点で1万件のリツイートと5.6万件のいいねを記録。フジテレビ系情報番組『とくダネ!』でも特集が組まれた。

 このほど公開された「【緊張】先輩女優さんと30年前の愛車日産シーマがやってきた」と題した動画で伊藤は、初代日産シーマに乗って颯爽と登場した。

 初代シーマは、1988年に販売開始。バブル景気真っただ中の当時、最上グレードで500万円もする高級車だったにもかかわらず、資産価値の高さから爆発的にヒットし、「シーマ現象」なる言葉まで生れた。


 伊藤が同車を購入したのは、平成2年(1990年)で、23歳の時。シーマの前は、日産エクサ、日産ローレルと乗り継ぎ、2年ごとでコンスタントに乗り換えていたとのこと。しかし、シーマに出会って2年が経過した時に、乗り心地の良さなどから「手放すのが嫌だなと思った」という。その結果、30年にも及ぶ長い付き合いになったようだ。