プロ用4chビデオスイッチャー『V-1HD+』発売 映像制作やライブ配信をより簡潔に

  ローランド株式会社が、イベントや映像制作、ライブ配信などプロの現場で活躍する4チャンネルビデオスイッチャーの最新モデルとして、『V-1HD+』を2020年10月23日に発売する。

HDビデオ・スイッチャー『V-1HD+』使用イメージ

 今回発売する『V-1HD+』は、2015年に発売された『V-1HD』の上位となるプロ仕様のモデル。A4半分のサイズでどこでも持ち運べるコンパクトさ、HDMI 4入力/2出力により、ビデオカメラ、パソコン、スマホ、タブレットなど複数の映像を簡単に切り替え/合成できる基本性能はそのまま、新たにDSK(ダウン・ストリーム・キーヤー)の機能を備え、テロップや画像の合成ができるようになった。また、本格的なマイク入力(XLR)の搭載により、アナウンス収録用のマイクをそのまま高音質で接続可能に。

 既存ユーザーへのヒアリングをもとにスイッチ類のレイアウトを改良して、オーディオの調整や、DSKのON/OFFなど頻繁に使用する機能へのダイレクトな操作感を実現した。『V-1HD+』の設定は本体のみで完結するため、設定用に別途パソコンを使うことなく、準備に要する時間も短縮できるという。

 さらに、新製品USBビデオ・キャプチャー『UVC-01』を使うと、『V-1HD+』の映像をパソコンへ簡単に入力でき、ライブ配信までシンプルに完結させることもできる。

■概要
品名/品番
HDビデオ・スイッチャー:『V-1HD+』
価格:オープン価格
発売日:2020年10月23日
初年度販売予定台数(国内/海外計):10,000台