PS5の“先行体験動画”から明らかになった、“ハプティックフィードバック”や”アダプティブトリガー”など新機能の魅力

 2020年10月4日、著名なインフルエンサーたちが一斉にPlay Station 5の先行プレイ動画をYouTubeにアップロードした。動画からは、PS5の新機能を実際に体感した人々のリアクションが確認できる。これまで文面での説明しかなく、イメージが湧きにくかった”ハプティックフィードバック”や”アダプティブトリガー”に対する反応も見られた。そこで、今回は先行体験動画の反応も踏まえ、PS5の新機能について解説する。

どの動画でも”ハプティックフィードバック”に対する反応が目立つ

 今回PS5の先行体験動画をアップロードした投稿者はヒカキンやセイキン、2BRO.、ポッキーといった著名な動画クリエイターばかりだ。また、ゲーマーとしても有名な声優の花江夏樹も今回の企画に参加している。YouTube上で活躍する人々を広告塔にしたプロモーション戦略は、時代にマッチした方法といえるだろう。

 動画では、PS5にプリインストールされている『ASTRO’S PLAYROOM』のほか、一部のYouTuberには『Godfall』や『デビルメイクライ5 スペシャルエディション』、『バランワンダーワールド』などのタイトルもプレイされていた。

 どの動画でも目立っていたのは、”ハプティックフィードバック”に対する反応だ。ハプティックフィードバックは、ゲームのシーンに合わせた振動を伝えるPS5のコントローラーの新機能を指す。これまでにも、ハプティックフィードバックにより剣のぶつかい合う感覚などが表現できると明言されてはいた。しかし、今回の先行体験動画により、この新機能がプレイフィールに与える影響がよりわかりやすくなった。

 たとえば、花江夏樹の動画では、通常の床の上を歩いている時と、金網の上を歩いている時には別の振動が感じられることがわかった。また、砂嵐の中を進むシーンでは、砂の一粒一粒がぶつかるような感覚も味わえるらしい。さらに、『ASTRO’S PLAYROOM』ではタッチパッドをスワイプしてジッパーを締めるシーンもあるが、ここでは本物のジッパーさながらの感触をがあるという。

 一方、『Godfall』や『バランワンダーワールド』のプレイ中には、ハプティックフィードバックに対する反応はあまり見られなかった。『Godfall』は前述の『『ASTRO’S PLAYROOM』』と比較すると難易度が高いアクションゲームであるため、投稿者もそこまで気が回らなかったのかもしれない。

アダプティブトリガーなどの新機能に期待が膨らむ

 また、今回投稿された動画では、”アダプティブトリガー”に対する反応も見えた。アダプティブトリガーは、アクションに合わせてコントローラーのL2・R2ボタンの抵抗が変化するというPS5の新機能だ。これにより、弓を引き絞る感覚や銃の引き金の重さなどがダイレクトにプレイヤーに伝わるとされており、FPSなどのジャンルとは特に相性が良さそうだ。

 今回『ASTRO’S PLAYROOM』の体験動画では、脚がスプリング状になったスーツを着て進行するシーンが見受けられたが、ここではジャンプボタンとなるL2・R2トリガーの抵抗が変化し、バネのような感触を味わえるようだ。また、『バランワンダーワールド』ではジャンプする際にトリガーが「カクッ」となるなど、シーンにより感触が違うことに驚く声が多かった。

 さらに、タイトルによってはコントローラーに息を吹きかけてギミックを動かすシーンもあるようだ。今後はこれらの機能を最大限に活用した新規タイトルもリリースされるだろう。