人気YouTuberそわんわん、救急車で運ばれ入院していた 看護師との心温まるエピソード明かす

 YouTuberのそわんわんが10月9日、自身の公式チャンネルに投稿した動画にて「実は入院しとる」と題した動画をアップロードし、自身が入院生活にあることを報告した。

実は入院しとる

 いつもは自室にてご飯を食べたり、メイクをしたりしながらのフレンドリーな雑談動画で同年代女性の支持を集めているそわんわん。今回の動画は「見てー。今日のお昼ごはんです。うちの今の生きがい」と視聴者に語り掛け、病室のベッドで手には点滴という痛々しい姿ながらも、病院食を食べながらいつもの動画のスタイルを崩さずに進んでいく。

 「今、入院してちょうど一週間とか……。あとね、3日、4日で退院できるって先生も言ってたから、大丈夫です」と語り、秋らしいヘアカラーにしたというエピソードや、その翌日に救急車で運ばれたとのエピソードを冗談や笑顔も交えながら話していく。まだ病院食は間食できない状態だが、入院初期に比べると食欲や体調も大分回復したという。

 事前にインスタストーリーにて入院を公表した理由について、「一週間も(動画を)投稿しやんというのが初めてやからさ」「連続で投稿しなくていいのは三日だけって決めてるんやけど」と自身の動画投稿ルールを明らかにした上で、入院を報告してもしなくても視聴者に心配をかけてしまうのではと悩んだことや、前回の動画で”次の動画は購入品を紹介します”と宣言したにも関わらず今回の動画に至ったことを「温度差! どない!?」とそわんわんらしく明るく語った。

 そして「うちの元気出た話していい?」と視聴者に語り掛けると、入院している病院の看護師の娘が、偶然にもそわんわんのファンだったというエピソードを語った。「”娘さん二人は仲悪いけど、うちの話とかをするときだけ仲いい”とか言ってくれて、ちょっとうち頑張ろうって思った」と動画投稿に対してより意欲が出たと語った。

 そして唐突に「入院して、もっと優しい人間になりたいなってほんまに思った」と話すと、同室の患者に充電器を貸してほしいと頼まれた際に仲良くなり、相手の境遇に同情してつい充電器をあげてしまった、と そわんわんの人柄が溢れるエピソードを語った。