本田望結、YouTubeでキュートすぎるQ&A動画を公開 最強の“姉妹チャンネル”に高まる期待

 フィギュアスケーターで女優の本田望結が7月28日、姉の本田真凜、妹の本田紗来と共同運営するYouTubeチャンネル「本田姉妹やで」に、インスタグラムで募集したファンからの質問に答える動画を公開。31日時点で再生回数72万回を超えるなど大きな反響を呼んでいる。

望結です

 6月19日に始動した「本田姉妹やで」は、これまで姉妹で二重跳びに挑戦する「なわとび」、たい焼き作りに奮闘する「たい焼き」、たまねぎと肉の炒め物を作る「たまねぎ」&「お肉」と、計4本の動画を投稿。シンプルなタイトル及び内容ながらも、姉妹の仲睦まじい雰囲気と、編集を真凜、撮影を望結が担当するという手作り感あふれるスタイルで好評を博していた。

 今回公開された「望結です」と題した動画は、編集担当の真凜曰く「記念すべき初めてのYoutubeっぽい動画」とのこと。紗来が読み上げるファンからの質問に望結が次々と答え、時折、真凜が話に入るといった内容となっていた。

 「女優とスケーターになろうと思った理由」を聞かれると、望結は「小さい時にテレビを見てたんですけど、テレビの中にどうやったら映れるのかお母さんに聞いたら(子役の)オーディションを受けさせてくれました。フィギュアスケートはお姉ちゃん、お兄ちゃんがやってたのを見て、コーチに『見てるだけじゃ寒いから望結ちゃんも一緒に滑りな』って言われたのがきっかけで滑るようになりました」と明かした。

 また、「生きる上で大切にしていること」としては「今何が起こるかわからないので、何か起こっても『今日まで楽しかった。悔いはない』と思える毎日を送る」と語り、「望結ちゃんが“大人”だと思う人はどんな人?」という質問に対しては「年齢は関係なく、お父さん・お母さんに感謝できるようになったら心は大人だと思う」と持論を述べるなど、現在16歳とは思えない回答を連発。コメント欄には、「人生3回目でしょ?」「本当にこの年齢?出来すぎやわ笑」「色々大切なことを教えてもらった気がする」など、その完成された人格を称賛する声が相次いだ。その一方で、三姉妹で無邪気に笑い合う、年相応な素顔を覗かせる場面も。