Twitterが厳しい成人向けコンテンツの規制強化 他のSNSに追随する

 表現に関するガイドラインが比較的緩やかだったことで知られるTwitterが、ここにきて規制を強化する動きを見せていることが分かった。

 過去1年間、FacebookとInstagramは、プラットフォームのクリーンアップを行い、アダルトコンテンツのクリエーターが存在することをほとんど不可能にした。Twitterもこの動きに追随していることが考えられる。

成人向け画像・動画は投稿出来ない

 『The Next Web』は「アダルトコンテンツクリエーターは懸念」と報じている(参考:https://thenextweb.com/tech/2019/12/05/twitter-to-follow-facebook-and-instagram-with-new-anti-nsfw-guidelines/)。

 このようなアーティストがオンラインで生計を立てる環境が悪化する発端は、昨年、Tumblrが成人向けのビジュアルコンテンツを全てブロックすると発表したことに始まった。

 これまで性的表現を容認するプラットフォームだったTwitterは「センシティブな画像/動画に関するポリシー」を変更し、検閲トレンドに加わった。

 同ポリシーには「ライブ放送、プロフィール画像、またはヘッダー画像として、過度にグロテスク、暴力的、または成人向けコンテンツを含む画像/動画を投稿することはできません。強姦及び性的暴行を含む画像/動画も許可されていません」と記載されている(参考:https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/media-policy)。

Twitterは該当コンテンツの配信または可視性を制限

 Twitterの2020ユーザーガイドラインには、Twitterはコンテンツの配信または可視性を制限する権利を留保するという文言が加えられた。

 これは不快なコンテンツがTwitter上で流れるを防ぐための動きだが、来年には完全に禁止というポリシーの更新通知に対して、複数のアダルトコンテンツ・アーティストは、懸念を表明している。

 Twitterの新しいガイドラインによると、オンラインで暴力的なコンテンツに繰り返し晒されることは「個人の幸福に悪影響を及ぼす可能性があることが調査により示されている」ため、禁止するとしている。

 このガイドライン変更は、違反することなくデリケートなコンテンツを投稿してきたプラットフォーム上の表現者にも影響を与える可能性がある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!