人気YouTuber・水溜りボンドはなぜ“動き続ける”のか 鈴木おさむ脚本のコント動画から考察

「これはもう完全に俺らが、やりたいからやってることでしかなかった」(トミー)

 いつだって水溜りボンドの原動力は「やりたい」というシンプルなもの。気のおけない仲間と楽しく過ごすこと=YouTube動画なのだから、彼らの辞書に「ネタ切れ」の文字はない。そして、その「やってみたい」に「俺も」「私も」……と次々に新たな仲間が集まってくる。「これができたのなら、これもやってみたい」と、さらにやりたいことが増えていく。YouTuber水溜りボンドは、どこまで大きくなっていくのだろうか。そのオチは、まだまだ見えそうにない。

(文=佐藤結衣)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる