>  > はじめしゃちょー、水溜りボンドを“捕獲”

はじめしゃちょー、水溜りボンドを“捕獲” 夏休みの豪華コラボ動画に注目!

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気YouTuberのはじめしゃちょーが8月2日、自身のメインチャンネルにて水溜りボンドとのコラボ動画「YouTuber捕獲大作戦」の第4弾を投稿した。

 YouTuberの“捕獲”において数々の実績があるはじめしゃちょー。これまでサングラスでHIKAKINを、エッグチョコでSEIKINを、大人向け雑誌でMasuoTVを捕まえてきた。そして今回の標的は2人組YouTuberの水溜りボンド(カンタ、トミー)。「私であればYouTuberさんが複数人でも捉える方法がある」と自信満々で作戦に移行した。

 このシリーズの見どころは、明らかすぎるいたずらに戸惑うターゲットの様子と、そのリアクションを無視して、さも成功している風に入るテロップ。そのいびつ感が笑いを生み、視聴者を楽しませてきた。今回はトミーの先輩へのリスペクトが感じられるツッコミと水溜りボンドのチャンネルでは絶対に見ることのできないカンタのリアクションが印象的だった。

 最初のターゲットはトミー。「あいつは食いしん坊だから飯をおいとけば来ます」と用意された5人前のピザを家の外から撮影部屋までズラリと並べた。トミーの代名詞といえば早食いであり、ガリガリ君早食いソーダ棒タイプで8.28秒、うまい棒シャトルイート21本などなど人並み外れた結果を連発している。

 外に並べられたピザを発見したトミーは「あーーー」と困った様子。何らかの動画企画ということはすぐに察するが、どういう内容か分からない手探り状態のまま「いただきます!」とピザを手に取った。律儀に1切れずつ食べながら進んでいくが、玄関を開けても並べられているピザに困惑。さすがに食べきれないと判断し、ひとまずピザを辿って階段を上っていった。

 「この動画の正解がわからない。早食いか?」と立ち尽くすトミーだが、撮影部屋のカメラに目を向けると「それではピザを食べていきたいと思いまーす」と撮影モードにスイッチが入る。最後のピザを手に取ったところではじめしゃちょーがトミーを確保し、「途中式がわからなすぎる!」というトミー節の効いたツッコミが炸裂した。ちなみにテロップでは「食べだしたら止まれないトミー」「抑えきれない食欲は彼をさらに前へ」「どこのピザかが重要らしいです」など、勝手に食いしん坊キャラにされていた。

 続いてカンタをおびき寄せて捕獲していくのだが、そのために用意したのは成人向け雑誌だ。机に積まれた50冊もの雑誌に思わずトミーも「いや兄さん…」と苦笑い。はじめしゃちょーは「真反対に存在するものを見た時に不思議な衝動にかられてしまう」という独自の理論でカンタを釣るという。水溜りボンドはYouTube界のNHKとしてクリーンなイメージが定着しているだけあって、どんなリアクションをするか全く予想できないまま作戦はスタートした。

 何も知らずにやってきたカンタ。玄関の扉を開けた瞬間、目の前に広げられた雑誌に「知ってるなあ」と頭を抱えた。Masuo TVの時も同様だったためどういう動画かは理解したようだ。あまりの数に「よくこんな集めたな」と困り果てた様子で、雑誌の先を目指し進んでいった。

 ウブで有名なカンタだが、大量の成人向け雑誌に「なんで外国人のやつなんスか!」などとツッコミを入れざるをえない。腰が引けながらも恐る恐る雑誌を手にしようとしたところで、はじめしゃちょーに捕獲された。ちなみにカンタのテロップでは「知ってる本があったみたいです」「Yeah!! 置いてあるじゃないスか///」など明らかに悪意(もちろんネタとしてだが)のあるものだった。

      

「はじめしゃちょー、水溜りボンドを“捕獲” 夏休みの豪華コラボ動画に注目!」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版