乃木坂46齋藤飛鳥、自身の“仕事論”を語る 「無になってその状況を楽しいなと捉えると、なんでも出来ちゃう」

乃木坂46齋藤飛鳥、自身の“仕事論”を語る 「無になってその状況を楽しいなと捉えると、なんでも出来ちゃう」

 ちなみに、今週は乃木坂のバースデーライブが控えているため、月曜と火曜しか配信がない。よって、齋藤は伊藤がマークした「5本」よりも少ない本数で当たりを引けば優勝となる。しかし、1本目、2本目、3本目と短刀を樽に刺していっても、黒ひげはうんともすんともいわず。4本目、さらには5本目も反応がなく「ダメだ!」と諦めたものの、一応、黒ひげが飛び出るまでやることに。結局、齋藤の記録は11本。「ダメでした~。理々杏先生にお渡しですね、焼肉は」と残念そうにしていた。

 その流れで「負けちまった……負けちまったので、そろそろ理々杏先生のあだ名ね」と、ニックネーム考案に再度チャレンジすることに。いろいろと考えた末に辿り着いたのは、アクセントを平板化させて「リリアサン」と呼ぶシンプルなもので、「もうちょっと作り込み系求めてますか?(笑)」と視聴者へ是非を問うも、これを最終案としていた。

 ラストには、来週配信のメンバーへの宿題を決めることに。齋藤は宿題用のフリップボードに「次回配信メンバーへ あすかちゃんの似顔絵を描いてください。雑で構いませんので、なにとぞ、よろしくおねがいします。あすか」と丁寧にメッセージを記入し、6万3,000人超集まった視聴者へ「さよなら~」と、カメラに近付けた黒ひげを振って見せ、配信を締め括った。

■こじへい
1986年生まれのフリーライター。芸能・スポーツ・音楽・カルチャーのコラム・リリース記事から、ゲームのシナリオ、求人広告まで幅広く執筆中。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる