ヤバT もりもりもとが中川大志のドラムを絶賛! 「Apple Music6カ月間無料」も発表の「au × music 2019」レポート

ヤバT もりもりもとが中川大志のドラムを絶賛! 「Apple Music6カ月間無料」も発表の「au × music 2019」レポート

 KDDI、沖縄セルラーは、1月30日からApple Musicを6カ月間無料で提供することを、29日にact squareで開催された「au × music 2019」にて発表した。会見には、KDDI株式会社・松田浩路氏、Apple Music代表・服部浩氏のほか、ゲストにはauのCMシリーズ「意識高すぎ !高杉くん」シリーズにて松本さんを演じる松本穂香、細杉くんを演じる中川大志、新CM「意識高すぎ!高杉くん 『ドラム』」にてコラボしているヤバイTシャツ屋さんから、こやまたくや、しばたありぼぼ、もりもりもとが登壇した。

 細杉くんとしてイベントに出演するのは初めてだという中川は、1月15日に行われた「第42回日本アカデミー賞」にて新人俳優賞を獲得したばかり。そんな中川は細杉くんというキャラについて、「いままであったどんな作品、お仕事の中でも、一番好評をいただきまして。ちょっと複雑というか、映画やドラマでは褒められたことがないのに、この役に対してはすごく褒めてくださることが多くてですね。自分にとっては代表作だと思っております」とお気に入りの役柄であることを示した。

 松本はイベントに出演するのは3回目であるが、高杉くんこと神木隆之介が一緒だった。「高杉さんに引っ張ってもらっていたので、正直……」と不安げな素振りを見せると、颯爽と中川が「立ち位置ちょっとずれていたので、そこを守っていただいて」と“細かすぎる”そのキャラを再現していた。

 新CMにはヤバイTシャツ屋さんの「かわE」が起用されており、CM中には中川が華麗なドラムさばきを披露する場面も。「なかなか細杉のかっこいい部分というのは、このシリーズ初めてだったので、とにかく髪を振り乱して、細杉の新たな一面を見せられればなと思って」とドラムプレイへの思いを語り、「このCMをきっかけに細杉に落ちる女性も多いと。ギャップ萌えを目指して」とCMの反響を狙う一言も飛び出した。

 ヤバイTシャツ屋さんのもりもりもとは、中川のドラムについて「すっごく上手でした。参考の動画を送らせていただいたんですけど、それを超えるクオリティで叩いていたので。ドラムを注目していただける機会はなかなかないので、嬉しいです」と絶賛した。ヤバイTシャツ屋さんの招待制無料ライブの開催も発表されると、中川が「Apple Musicで好きなアーティストさんの音楽を聴いて、それを今度はライブで聴けるというのは、本当にヤバイ。うれDですね」と、こやまの「うれD」のコメントに被せる一幕もあった。

 イベント後半には、ステージに電子ドラムが用意され、中川がCMのイントロフレーズを披露することに。中川のドラムプレイを見たもりもとは、「レクチャーすることなんにもないです。バッチリ! ……なんですけど、顔が。ドラムってステージの後ろで、一番客席から遠いところにあるじゃないですか。顔でのパフォーマンスというのが大事なんですよ」と髪の長さに加え、オーバーなパフォーマンスが要求されることを教えた。

 お手本としてもりもとが、バッチリキメ顔をラストにかますと、「勉強になりました!」と中川が意気込む。会場の期待に応え、中川がドラムプレイのラストにキメ顔を入れ込むと、もりもとも「髪の毛で顔を隠して、最後のキメでガッと見せるというのが、見事やってくれました」と大絶賛。

 この流れから、なぜか松本もドラムを叩くこととなり、もりもとのレクチャー後、松本もキメ顔をしっかり見せつけると、中川が「松本さんはなんでもできますね! 顔で乗り切ってましたかね」と褒め称えていた。

 会見のラストには、コメントを求められたこやまが、「これからはね、この5人編成でやっていきたいと思います」と冗談を交えながら、「auとApple Musicのヤバイプランが始ま
りましたので、僕たちも盛り上げていきます」と意気込みを見せた。

(取材・文=渡辺彰浩)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる