アメリカで大流行! 乗り捨てOKの電動スクーター『Lime-S』が楽しそう

アメリカで大流行! 乗り捨てOKの電動スクーター『Lime-S』が楽しそう

 エンターテイメント界で活躍した人物の名前が彫られた星型のプレートが埋め込んである「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」を歩いていると、緑色の電動スクーターに乗った青年がスーッと追い抜いていった。「なんだあれは?」と思いながら、周辺をよく見回してみると、その辺の道端にも同じ電動スクーターが停めてあり、多くの人々がこれを利用している。約1年半ぶりに訪れたLAでは、この電動スクーター「Lime-S」が大ブームとなっているようだった。

これから「Lime-S」に乗ろうとしていたカップル。休日に周辺を散策するのにも、「Lime-S」はうってつけだという

 街角で楽しげに「Lime-S」を操るカップルに、「いったいこれはどんなシステムなんだ?」と問いかけてみると、彼らは自慢気にこの新しい電動スクーターについて教えてくれた。「Lime-S」は、GPSを内蔵した“乗り捨てOK”の電動スクーターで、同じく乗り捨てOKのレンタサイクル「Lime Bike」と同じく、Lime社が運営している。ハンドル手元にあるQRコードを読み込み、専用のアプリで始動。アプリにクレジットカードを登録することで、1ドルから乗ることができる。

How to Lime: Electric Scooters
ハリウッド大通り沿いには、「Lime-S」がうようよ

 早速、筆者もアプリをダウンロードしてみると、地図が表示され、どこに「Lime-S」が止めてあるのかがすぐにわかる。バッテリーの状態も記されているのが親切だ。他にも、このアプリには運営会社に対して故障などを伝えるレポート機能や、乗車記録を見ることができる「Ride History」といった機能もある。時折、「なぜこんなところに?」と思うような場所に停められた哀れな「Lime-S」も見かけたが、そういう時は「illegal parking」として報告すれば良い。実に便利である。

 実際、筆者も人通りの少ない夜間に「Lime-S」に乗ってみたが、LAの快適な気候の中で乗るとかなり気持ちがよく、同じシステムが日本にもあると良いのに……と願わずにはいられなかった。現地の人々も、単なる移動手段としてのみならず、レジャーのひとつとして「Lime-S」のライディングを楽しんでいるようだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる