ヒカキン、『逃走中』で炎上覚悟のとろサーモン久保田に翻弄される “因果応報”までの一部始終

 YouTuberのヒカキンが9月2日、フジテレビ系の特番『逃走中』に出演し、白熱の“鬼ごっこ”を展開した。

真夏の逃走中で全力で逃げたらくたばりかけたwww

 今回の“逃走”の舞台は、東京・上野のアメヤ横丁。ファッションモデルの池田美優(みちょぱ)、コスプレイヤーのえなこ、フリーアナウンサーの岡副麻希、俳優の木下ほうか、森崎ウィン、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔&樽美酒研二、とろサーモンの久保田かずのぶ、サバンナの高橋茂雄、アンガールズの田中卓志、ピン芸人のひょっこりはん、女性総合格闘家の真珠・野沢オークレアー、SKE48の須田亜香里、Kis-My-Ft2の宮田俊哉、Sexy Zoneの松島聡、そしてヒカキンと、個性豊かな総勢16名の逃走者が3名のハンターから逃げ延びて賞金獲得を目指す。

 ゲーム開始直後「怖い! 今回は多分すぐ捕まるからなぁ~。誰かもうそろそろ捕まるんじゃないかな?」と、これまでに同番組が行われた渋谷、池袋、日光江戸村などと比べると比較的小さい「アメ横」を逃走エリアにしていることへの不安を吐露したヒカキン。その予想は的中し、スタートからずか2分で岡副アナがハンターに捕まった。

 開始13分時点、逃走者のスマホに「逃走が有利になるアイテム 身代わりスイッチを獲得するチャンスだ。設置してあるのは摩利支天徳大寺のツボの中 獲得できるのは1人だけ早い者勝ちだ」というメッセージが送られた。「身代わりスイッチ」とは、その名が示す通り、ハンターに捕まりそうになった時に押せば他の逃走者へ標的が移るというもの。しかもスイッチの所有者が「身代わり」を指定できるという。

 この恐怖のアイテムを手に入れたのは、とろサーモンの久保田。つまり他のプレイヤーは、久保田の気分次第でハンターの餌食になってしまうため、戦々恐々とするほかないわけだ。

 そんな久保田と偶然遭遇したヒカキンは「やめて! やめて! 僕はやめてください!」と必死で懇願するも、ラッパー“MCサーモン”としても活躍する久保田から「あなたはYouTuberのヒカキンだな! 知ってるんだ! あなたがこの国でもトップの富裕者ってことを!」と、ラップ風のディスを浴びせられた。久保田が去った後にヒカキンは「いや多分、久保田さんはあんなこと言っておいていい人なんですよ」とその人間性に期待。しかし、ヒカキンの希望的観測むなしく「ここに書いて捕まる人間で、一番問題になるのは誰だと思う? 一番俺がSNS上で叩かれるのは誰だと思う? ……ヒカキンだよ!」と、全国のヒカキンキッズから袋叩きに遭う覚悟で、ヒカキンを身代わりに指名した。

 開始約23分時点、ヒカキンのスマホへ電話が。相手は久保田だ。「ヒカキン? 俺今、爆弾持ってるんだけど。ちょっと来てくれる? 身代わりスイッチに君の名前を書いた」と伝えると、ヒカキンは「やめてください!」と哀願。それに対して久保田は「だったら来たらいいじゃないか、線路の下に」と言い、ヒカキンは「線路の下? それ行けば助けてくれますか?」と確認するも「助けるかどうかは来てからにしよう! そんな駆け引きはいらないんだよ!」と恫喝されて、その言葉に従って久保田の元へ行くしかない状況に。電話を切った後「なんかおかしい口調になってる……」と、久保田の豹変ぶりに恐怖を覚えていた。一方の久保田は「ヒカキンが俺に従う構図。今、フジテレビでやってます!」とノリノリな様子だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる