>  > 『ラストアイドル』指原莉乃がP対決初勝利

AbemaTV『ラストアイドル』指原莉乃手がけるLove Cocchiが初勝利 吉田豪「圧倒的な伸び率」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ラストアイドル in AbemaTV』(AbemaTV GOLDch)が7月8日、放送された。

 今回、AbemaTVを舞台に行われるのは、プロデューサー対決の第2弾。前回に引き続き、秋元康、指原莉乃、つんく♂に加え、後藤次利、近田春夫の2名を新たに迎えた表題曲を賭けたバトルが今回から生放送で繰り広げられる。LaLuce、Good Tears、シュークリームロケッツ、Love Cocchi、Someday Somewhereから毎週2組がパフォーマンスを披露し、視聴者数と審査員2名(竹中夏海、吉田豪)の合計3票で勝敗をジャッジしていく。また、今回新たに発表されたルールとして、5つのユニットによる総当たり戦を行った後に、上位3ユニットによる決勝トーナメントへ進出。3勝すれば決勝トーナメントが確定する。さらに、次週からSNSバトルがスタート。詳細は放送時にアナウンスされる。

ラストアイドル『好きで好きでしょうがない』(初回限定盤Type A)(DVD付)

 前回までの総当たり戦結果は、つんく♂プロデュースのシュークリームロケッツが1勝0敗、近田春夫プロデュースのGood Tears、後藤次利プロデュースのLaLuce、秋元康プロデュースのSomeday Somewhereがそれぞれ1勝1敗、指原莉乃プロデュースのLove Cocchiが0勝1敗となっており、今回の第5試合ではLove Cocchi、シュークリームロケッツの対決が行われた。

 先行のシュークリームロケッツは前回の戦いでLaLuce相手に全票を獲得する完全勝利を決めた。つんく♂による楽曲「夜中動画ばかり見てる…」は、少女から女性へと変わっていくリアルな迷いや葛藤を歌詞に描いている。楽曲の“背伸びした大人感”を表現するため、つんく♂の指令で小澤愛美は髪の毛を20cmカット。前回の対戦当日、リハーサルを見たつんく♂はメンバーにメッセージで、歌の主人公の気持ちを想定して歌うことが一番大事であることを伝え、イメージの統一を指示していた。

 より気持ちの込もった「夜中動画ばかり見てる…」をパフォーマンスした3人に、竹中は「小澤さんに目を奪われてしまうくらい表情が良かったなと思います。ずっと(歌の中の)主人公になってる感じがあったというか、つんく♂さんの言っていたどういう主人公で、気持ちで相手を思っているかということが、こっちも考えてしまうような顔だった」とコメント。間伸びさせずに一拍切る歌い方を意識していた小澤は、竹中の評価に感極まった表情を見せた。吉田は、「歌も表情もよくなってましたね。長月さんの歌が素晴らしかったです」と褒め称え、長月が嬉しそうな笑顔を浮かべていた。

      

「AbemaTV『ラストアイドル』指原莉乃手がけるLove Cocchiが初勝利 吉田豪「圧倒的な伸び率」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版