『恋はDeepに』第2話で海音の衝撃の過去が明らかに 倫太郎との関係も変化?

 毎週水曜22時より日本テレビ系で放送中の『恋はDeepに』。放送を終えた第2話の新たな場面写真が公開された。 

 本作は、石原さとみが演じる、海を愛する海洋学者・渚海音と、綾野剛が演じる、マリンリゾート開発に人生をかけるツンデレ御曹司・蓮田倫太郎の運命的な恋を描くラブストーリー。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の徳尾浩司が脚本を担当し、石原、綾野のほか、今田美桜、大谷亮平、渡邊圭祐らが出演する。

 海を愛する魚オタクの海洋学者の海音(石原さとみ)とロンドン帰りのツンデレ御曹司の倫太郎(綾野剛)は、巨大マリンリゾートの開発を巡り、偶然出会う。海を守りたい女と、その計画に人生をかける男。住む世界がまるで違う2人は、やがて運命的な恋に落ちるが、その恋はかつてないほど禁断だった。なぜなら海音には、誰もが驚くあるヒミツがあった。

 一緒に暮している鴨居との衝撃的な出会いに始まり、海音の正体のヒミツに迫るシーンが散りばめられた第2話。世界的に有名な一流ホテルを誘致するため、CEOのデイヴィッド(小手伸也)を説得する中、倫太郎と光太郎との対立も本格化する。海音は、時折垣間見える倫太郎の優しさが徐々に気になり始め、藍花(今田美桜)と榮太郎(渡邊圭祐)にも新たな恋の予感が訪れる。(以下、ネタバレあり)

 9カ月前、鴨居は星ヶ浜海岸に一人の女性が倒れているのを見つけ、慌てて救出。それが鴨居(橋本じゅん)と海音の出会いだった。海音の手には海に捨てられたペットボトルが握られていた。倫太郎が星ヶ浜海岸にいた理由を聞く海音に、倫太郎は「探し物をしていた」と話す。翌日、倫太郎はデイヴィッドと本音で話そうと釣りへ。しかし、そこで目にしたのは、平気で海にゴミを捨てるデイヴィッドの姿だった。一方、光太郎から食事に誘われた海音は、平気で食べ物を無駄にする光太郎に不信感を抱く。

■放送情報
4月期水曜ドラマ『恋はDeepに』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜放送
出演:石原さとみ、綾野剛、今田美桜、大谷亮平、渡邊圭祐、橋本じゅん、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
脚本:徳尾浩司
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:枝見洋子、畠山直人、鈴木香織(AX-ON)、山口雅俊(ヒント)
演出:鈴木勇馬、岩本仁志、伊藤彰記
主題歌:back number「怪盗」(ユニバーサル シグマ)
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/deep/
公式Twitter:@deep_ntv
公式Instagram:@deep_ntv