『恋はDeepに』第1話から振り返る 石原さとみ演じる渚海音が抱える“ヒミツ”とは?

 4月14日より放送がスタートした日本テレビ系水曜ドラマ『恋はDeepに』。放送を終えた第1話の新たな場面写真が公開された。

 本作は、石原さとみが演じる、海を愛する海洋学者・渚海音と、綾野剛が演じる、マリンリゾート開発に人生をかけるツンデレ御曹司・蓮田倫太郎の運命的な恋を描くラブストーリー。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の徳尾浩司が脚本を担当し、石原、綾野のほか、今田美桜、大谷亮平、渡邊圭祐らが出演する。

 海を愛する魚オタクの海洋学者の海音(石原さとみ)とロンドン帰りのツンデレ御曹司の倫太郎(綾野剛)は、巨大マリンリゾートの開発を巡り、偶然出会う。海を守りたい女と、その計画に人生をかける男。住む世界がまるで違う2人は、やがて運命的な恋に落ちるが、その恋はかつてないほど禁断だった。なぜなら海音には、誰もが驚くあるヒミツがあった。

 本日放送された第1話では、マリンリゾートの開発計画を巡り対立する立場でありながらも、海音と倫太郎が運命的な出会いを果たした。また、早くも海音の正体のヒミツが散りばめられていた。

 公開された場面写真では、スキューバの最中に海で溺れた倫太郎を助けた海音の姿や、海音が、研究室長の鴨居の家で一緒に暮らすウツボに餌やりし、悩みや相談などをするシーン、出勤途中、路上に捨てられた空のペットボトルごみを懸命に拾う海音の様子などが切り取られている。(以下、ネタバレあり)

 鴨居家のリビングで、水槽のウツボに話しかけていた海音。独り言のように見えるが、実は海音にはウツボの言葉が聞こえている様子だ。「なんで人間なんか助けたんだよ」とウツボに聞かれ、答えられない海音。ウツボは、「君がここにいられるのは、あと3カ月なんだろ?」と意味深な言葉を海音にかけるのだった。

■放送情報
4月期水曜ドラマ『恋はDeepに』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜放送
出演:石原さとみ、綾野剛、今田美桜、大谷亮平、渡邊圭祐、橋本じゅん、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
脚本:徳尾浩司
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:枝見洋子、畠山直人、鈴木香織(AX-ON)、山口雅俊(ヒント)
演出:鈴木勇馬、岩本仁志、伊藤彰記
主題歌:back number「怪盗」(ユニバーサル シグマ)
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/deep/
公式Twitter:@deep_ntv
公式Instagram:@deep_ntv