竹内涼真演じる響がついに生還 『君と世界が終わる日に』S2、第5話場面写真公開

 Huluにて独占配信中の竹内涼真主演ドラマ『君と世界が終わる日に』Season2より、第5話の場面写真が公開された。

 日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとなる本作は、地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる死と隣り合わせの“終末世界”で繰り広げられる本格ゾンビ作品。Season1で、生ける屍=ゴーレムに占拠された終末世界を生き抜き、無事に再会を果たした響(竹内涼真)と来美(中条あやみ)は再び猿ノ島で一緒に暮らし始めるが、平穏な日々は長くは続かなかった。Season2では、新たなコミュニティとして、“シェルター「希望の家」”が登場する。栄えた文明を持つ彼らは一体何者なのか。さらには、人為的に付けられたと思われる“X印”の付いたゴーレムが出現し、来美に感染の疑いが。“終末世界”を生き延びる人々に、新たな脅威が訪れる。

 Season1から続投する竹内、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえらに加え、本郷奏多、吉沢悠、濱田マリら新キャストが出演。さらに、Season1で命を落としたミンジュン役のキム・ジェヒョンが登場する。

 第5話では、来美(中条あやみ)のため、ゴーレムウイルスの増殖を抑える薬を探して一人福島へ旅立った響(竹内涼真)が、ついにシェルターに戻ってくる。やっとの思いで、命からがら帰り着いたにもかかわらず、親しげに寄り添う来美と秋吉(本郷奏多)の姿を目の当たりにし、ショックと戸惑いを隠せない響。秋吉の衝撃の告白に驚きつつも、来美の記憶が戻らないかもしれないという不安で押しつぶされそうになる。この事態を受け入れることができず葛藤する響は、諦めきれない想いが溢れ出す。

 そして、シェルター内では様々なトラブルが発生し、迫り来るゴーレムたちを前に絶体絶命の危機を迎える。そんな中、響は秋吉が無線機で外と怪しい交信をしているのを見かけ、猜疑心を抱くようになる。その夜、秋吉が会っていたのは、ある人物だった。

※三浦りょう太のりょうはけものへんに寮のうかんむりなし

■配信情報
『君と世界が終わる日に』
Season1(全10話):Huluにて全話独占配信中
Season2(全6話):Huluにて独占配信 毎週日曜0:00最新話配信開始
出演:竹内涼真、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえ、本郷奏多、吉沢悠、真魚、三浦りょう太、キム・ジェヒョン
脚本:池田奈津子
音楽:Slavomir Kowalewski、A-bee
制作:福士睦、 長澤一史
チーフプロデューサー:加藤正俊、茶ノ前香
プロデューサー:鈴木亜希乃、高橋浩史、伊藤裕史、山田信義
協力プロデューサー:白石香織
演出:菅原伸太郎、中茎強、久保田充
制作協力:日本テレビ、日テレ アックスオン
製作著作:HJ Holdings,Inc.
(c)NTV/HJホールディングス
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/
公式Twitter:@kimiseka_ntv
公式Instagram:@kimiseka_ntv