ISと女性だけの特殊部隊の戦いを描く ミリタリーアクション『レッド・スネイク』公開決定

 実話をもとにしたアクション映画『Sisters in Arms(原題)』が、『レッド・スネイク』の邦題で4月9日より公開されることが決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、国、文化、アイデンティティ、宗教、伝統など、様々なテーマで女性たちの戦いを描くミリタリーアクション。ISが突然、イラク西部の少数派ヤジディ教徒の村を襲った。ザラは父親を殺され、弟と生き別れ、自身は奴隷としてISのメンバーに売られてしまう。クルド人を支援している連合軍に様々な国の女性だけで構成される特殊部隊「蛇の旅団」があった。ISは古い言い伝えから女性に殺されると天国に行けないと信じているので、女性だけの部隊は恐れられていたのだ。ISのメンバーの元から逃げ出し、「蛇の旅団」に救われたザラは武器を取ることを選び、部隊に加わり兵士になるための厳しい訓練を受ける。訓練を終え、コードネームを「レッド・スネイク」としたザラは、“姉妹たち”と共に前線へと赴く。

 2015年1月7日、フランス・パリの風刺週刊紙シャルリー・エブドの編集部にイスラム過激派テロリストが襲撃し、風刺漫画家や記者ら合わせて12人を殺害。同紙に寄稿していたライターでもある監督のカロリーヌ・フレストは、「シャルリー・エブド襲撃事件」で同僚を失った経験から、長編劇映画の初監督作品として、女性問題と過激派をテーマに選び本作が完成した。

 主人公のザラを演じたのは、両親がクルド人であり、父親はクルド人の大義のために戦ったジャーナリストであるディラン・グウィン。さらに、イギリス出身のアミラ・カサール、イタリア出身のマヤ・サンサ、ポップシンガーとしても活躍するアルジェリア系フランス人のカメリア・ジョルダナ、『君の名前で僕を呼んで』のエステール・ガレルら様々な国の女優たちが起用された。

 公開されたポスタービジュアルでは、特殊部隊「蛇の旅団」の顔ぶれとともに「私は戦うーー彼女たちと共に」とコピーが添えられている。

『レッド・スネイク』予告編

 あわせて公開された予告編は、ISによる襲撃から始まる。父を殺され、弟を奪われたザラが「蛇の旅団」に加わり、厳しい訓練のなか成長するさまが切り取られている。

■公開情報
『レッド・スネイク』
4月9日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督・脚本:カロリーヌ・フレスト
撮影:ステファン・ヴァレ
編集:オドレイ・シモノー
音楽:マチュー・ランボレ
出演:ディラン・グウィン、アミラ・カサール、マヤ・サンサ、カメリア・ジョルダナ、エステール・ガレル
配給:クロックワークス
2019年/フランス、イタリア、ベルギー、モロッコ/英語ほか/スコープサイズ/5.1ch/112分/原題:Soeurs d’armes/英題:Sisters in Arms/字幕翻訳:大嶋えいじ/PG12/
(c)2019 Place du Marche Productions – Kador – Davis Films – Delice Movie – Eagle Pictures – France 2 Cinema
公式サイト: https://klockworx-v.com/redsnake/