成海璃子、小泉今日子、山田裕貴ら、“綾ベン企画”舞台ドラマ化『川のほとりで』出演へ

 4月2日より放送がスタートする『WOWOWオリジナルドラマ 川のほとりで』に出演する新キャストが発表された。

 本作は、東京・下北沢を拠点とした劇団・東京乾電池の綾⽥俊樹×ベンガルによる演劇ユニット“綾ベン企画”の舞台『川のほとりで3賢⼈』をベースに、完全オリジナルストーリーで展開されるホームレスコメディ。

 舞台『川のほとりで3賢⼈』の演出も⼿がける平⼭秀幸が監督を務め、『川のほとりで3賢⼈』のてっかんマスター、『⼋⽇⽬の蝉』の奥寺佐渡⼦、『おしん』(2013年)の⼭⽥耕⼤、『やじきた道中 てれすこ』の安倍照雄、そして阿佐ヶ⾕スパイダースの⻑塚圭史が、平⼭とともに脚本を手がける。

 多摩川の河川敷にブルーシートの小屋を作って暮らしている、通称トシちゃん(綾田俊樹)とBB(ベンガル)。2人は、河川敷で暮らし始めてから、川のほとりの住人としてはベテランの域の年月を過ごしている。朝は4時から街中で缶集め、夜は電気代節約のために19時には寝るという毎日を過ごす。大した収入はないが、金がないことはまったく気にしていない。「誰にも迷惑をかけず、自由がいちばん」とのんきに日々暮らしているが、「俺たちは自活するホームレスだ!」というプライドは持っている。そんな2人のもとに、ある小劇団の若手女優ナオが訪ねてくる。次の公演でホームレスのリーダーと恋に落ちるヒロインを演じるので取材をさせてほしいと言い、3人の長い夜が始まった。

 本作の舞台となる多摩川河川敷の住人の一人として、国籍不詳の謎の女“ペマ子”役を小泉今日子、河川敷のリーダー的存在の“チャメさん”役を岸部一徳、ホームレス界のジャンヌダルク“聖さん”役を倍賞美津子が務め、舞台『川のほとりで3賢⼈』の女ホームレス・馬場マチコ役を演じた広岡由里子が、ドラマでも同キャラクターで登場する。

 また、彼らを取り巻くキャラクターとして、小劇団の女優“ナオ”役を成海璃子、川でトシちゃんとBBが出会う不思議な青年“鈴木”役を山田裕貴、区役所福祉課の職員“佐藤”役を山内圭哉、結婚の報告のため行方不明の父親であるチャメさんを訪ねてくる娘“優子”役を臼田あさ美、そしてチャメさんのもとに突如現れた“桜井”役を瀧川鯉昇が演じる。

■放送情報
『WOWOWオリジナルドラマ 川のほとりで』
WOWOWプライムにて、4月2日(金)23:00〜放送・配信スタート(全6話)
※第1話無料放送
監督:平⼭秀幸
脚本:てっかんマスター、奥寺佐渡⼦、⼭⽥耕⼤、 安倍照雄、⻑塚圭史、平⼭秀幸
⾳楽:安川午朗
出演:綾⽥俊樹、ベンガル、成海璃子、小泉今日子、岸部一徳、山田裕貴、倍賞美津子、広岡由里子、山内圭哉、臼田あさ美、瀧川鯉昇、大窪人衛、佐藤文吾、原金太郎、山中崇、森下能幸、戸辺俊介、音峯大樹、外波山文明、村岡希美、伊達暁、渡辺梓、岡部たかし、加藤啓、林えりか、有薗芳記、千葉雅子、ペーター・ゲスナー、井上肇
制作協⼒:オフィス・シロウズ
製作著作:WOWOW
(c)WOWOW
公式サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/kawa/