松村北斗×趣里の“ながこま”コンビの絆も再認 『レッドアイズ』さらに増える物語の謎

 『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)に登場する凶悪犯は皆、行き場のない「復讐」という熱を燃やし、他者の命を奪うに至った。しかしその正体は、ごく普通に生き、幸せになるはずだった人々だ。蠣崎(忍成修吾)は、巻き添えにより恋人を亡くしたときから、長篠晋平(橋本淳)は、妹を守るべく咄嗟に犯人を殴ったときから、人生が大きく変わってしまった。

 ほんの少し、何かが違っていれば。長篠(趣里)が、最期だと思って伝えた晋平への本当の気持ちを、もっと早く言葉にできていたら。長久手(川瀬陽太)が、もっと早く謝罪できていれば。そもそも、長篠が誘拐に巻き込まれることがなければ。あの日、喧嘩をしなければ。どこまで時間を巻き戻せば、悲しい事件は起こることなく、血も、涙も、流れることはなかったのだろう。『レッドアイズ 監視捜査班』を観るたびに、頭にいくつもの“if”がよぎる。

 伏見(亀梨和也)もそうだ。もし、美保(小野ゆり子)を何者かに殺害されることがなければ。蠣崎の言うように、今ごろは3人家族として、幸せに暮らしていたはずだ。伏見の“if”、その先に、悲しい事件は起きてほしくないと願う。伏見はまだ、間に合う。そう信じながらも、蠣崎と対峙する伏見の、瞬きもしない鋭い眼が、頭を離れない。

 第5話では、立て続けに爆発事案が発生。すぐさま周辺の監視カメラに繋ぎ、映像を確認する長篠だが、その表情はこわばっている。いつものテキパキとした様子がなく、返答もどこか、歯切れが悪い。隣で作業をしている小牧(松村北斗)は、すぐにその異変に気付く。同じく、長篠の様子がおかしいことに気付いた伏見。小牧に依頼し、彼女のパソコンから抜き取った履歴を確認する。そこで、長篠が監視カメラの数を偽って報告していたこと、監視カメラ映像の隠ぺいを行っていたことが発覚する。

 湊川(シシド・カフカ)もまた、伏見の指示を受け長篠の更衣ロッカーを確認、バッグに不審物を発見した。その隙をつき、長篠は本案件の次の被害者になるかもしれない捜査一課・長久手に接触を図る。長篠が犯人かもしれない、それを否定できない状況証拠が次々と揃う。そのたびに、小牧の顔が不安そうに、悲しげに曇ってゆく。