『レッドアイズ』忍成修吾、亀梨和也との再共演語る 「長く目が合わせられません(笑)」

 日本テレビ系土曜ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』に出演中の忍成修吾のインタビュー が公開された。

 亀梨が主演を務める本作は、『ボイス 110緊急指令室』を手がけたチームが贈るサイバークライムサスペンス。実在の警察組織であるSSBC(警視庁捜査支援分析センター)をモデルとした架空の組織・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)を舞台に、愛する人の命を奪われた元刑事と天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、凶悪な連続殺人鬼に迫る。全国で500万台ある監視カメラやNシステムやネット解析・画像分析など日本国中から集まるビッグデータを駆使した最新の科学情報捜査がスピーディーでスリリングな物語を生み出していく。

 KSBCへの敵意をむきだしにして、伏見(亀梨和也)たちを翻弄する悪役・蠣崎孝太郎を演じる忍成。自身の役作りについて「計画的なところに冷静さを感じました。しかし自分の主張を言葉にするとやはり感情が表に出て来てしまい、どの程度表現に出して良いものかと迷いました。(罪を犯すきっかけを知って)彼の心中を想像すると、とても複雑で大変でしたが、面白くもありました」と明かした。

 昨年末の舞台でも共演した亀梨については「『レッドアイズ』の現場で最初に会ったのは舞台の東京公演が終わって大阪公演との間でした。嬉しいけれど気恥ずかしい様な、照れくさい感じでした。舞台で演じている役とは全然異なる伏見という人物を演じていたので『切り替えが大変そうだね〜』と話していました。亀梨くんとは、舞台からドラマと続けて共演させて頂いて、とても真面目で責任感の強い人だなと感じました。反面、可愛らしい一面もあったりでたくさんの魅力を持っているなと思います。あとは目力がとてもあってお芝居じゃない時などはキラキラ過ぎて長く目が合わせられません(笑)」とその魅力を冗談交じりに語った。

 最後に忍成は、本作の見どころを「なぜ蠣崎は事件を起こしたのか。彼の目的は達成されるのか。そして新たな犠牲者とは?(すべてが分かったとき)もしかしたら蠣崎に同情してくれる方もいるのかな、なんて期待しております」とアピールした。

※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記

■放送情報
『レッドアイズ 監視捜査班』
日本テレビ系にて、毎週土曜22:00〜22:54放送
出演:⻲梨和也、松下奈緒、趣里、シシド・カフカ、松村北斗(SixTONES)、高橋ひかる、木村祐一
脚本:酒井雅秋、福田哲平、まなべゆきこ
音楽:カワイヒデヒロ
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:尾上貴洋、茂山佳則(AX-ON)
演出:水野格、長沼誠ほか
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/redeyes/
公式Twitter:@redeyes_ntv
公式Instagram:@redeyes_ntv