純烈が温泉を守るヒーロー演じる『スーパー戦闘 純烈ジャー』今秋公開 特報&ビジュアルも

 3年連続NHK紅白歌合戦出場を果たしたスーパー銭湯のアイドル純烈が銀幕デビューを飾る映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』が2021年秋に公開されることが決定した。

 本作は、スーパー戦隊&仮面ライダーシリーズだけでなく、『美少女戦士セーラームーン』、映画『魔界転生』『男たちの大和/YAMATO』など数々のヒット作を生み出した特撮研究所の佛田洋が監督を務め、純烈の新たな一面を届けるヒーロー映画。

 スーパー銭湯のアイドルとして歌い続け、2020年には紅白歌合戦3年連続出場を果たしたムード歌謡グループ純烈。歌謡界のスターダムである彼らだが、世を忍ぶ仮の姿を持っていた。皆の憩いの場となる温泉施設の平和を守るヒーロー“純烈ジャー”としても人知れず温泉の平和を乱す悪と戦っていたのだ。ある時、全国の温泉でイケメンが行方不明になるという怪事件が多発し、巷で話題に。しかし、事件性は見られず警察の捜査は見送られてしまった。温泉の危機を感じ取った純烈のメンバーは独自に捜査を開始する。

 酒井一圭は『百獣戦隊ガオレンジャー』、白川裕二郎は『忍風戦隊ハリケンジャー』、小田井涼平は『仮面ライダー龍騎』と4人中3人が戦隊ヒーロー出身者であり、特撮映画制作はデビュー前からの目標であると同時に「戦隊モノへの恩返し」とリーダーの酒井はコメント。今回、唯一ヒーロー初チャレンジとなる後上翔太は作品のキーマンを担う。

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』特報映像

 公開されたティザービジュアルは、かっこよくヒーローポーズを決める純烈と純烈ジャー、そして銭湯を感じさせる背景画像がマッチ。さらに特報映像では、仲間を守るために敵と戦うシーンや、純烈らしく歌唱するシーンなど、新しいヒーロー映画としての一面が切り取られている。また、純烈が歌う主題歌「NEW(入浴)YORK」と、本作の場面写真6点もあわせて公開された。

■公開情報
『スーパー戦闘 純烈ジャー』
2021年秋、全国ロードショー
出演:後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭
監督:佛田洋
脚本:久保裕章
ナレーション:鈴村健一
アクション監督:竹田道弘
主題歌:純烈「NEW(入浴)YORK」(日本クラウン)作詞:酒井一圭 作曲:影山ヒロノブ
制作:特撮研究所  
製作・配給:東映ビデオ
(c)2021東映ビデオ
公式サイト:junretsuger.com
公式Twitter:@junretsuger