小芝風花の台詞に詰まっていた女性へのエール TBSドラマの本領発揮『書類を男にしただけで』

 2019年に発表された日本のジェンダーギャップ指数のランキングは、世界153カ国中121位だった。前年度と比べるとかなり順位を落とし、先進国の中では最低水準。世間では「今は女性が活躍する時代だ」なんて言われているが、企業の幹部はいつも男性ばかり。SNSからは常日頃セクハラ上司への愚痴や性被害に遭った女性の叫びが聞こえてくる。月曜からまた女らしさを求められ、性別による不遇に耐える毎日がやってくるのかーー。そんな世の女性が抱える憂鬱を、スペシャルドラマ『書類を男にしただけで』(TBS系)が爽快に吹き飛ばしてくれた。

 火曜ドラマ枠で『逃げるは恥だが役に立つ』や『私の家政夫ナギサさん』など、女性にかけられたあらゆる呪いをコミカルに、且つ社会に問いかける形で描いてきたTBS。今回は小芝風花演じる主人公の箕輪祐希が“男性”として大手企業に入社したら――という斬新な設定で、女性が日常で強いられている理不尽や悔しさを顕在化させた。本作はTBSの女性プロデューサー・中西真央が「ラブコメディの世界を借りて、明るく切なく、そして痛快に蹴飛ばしたい」という想いから企画したという。

 ドラマは広告業界で働く祐希が、取引先の前で自分を“社長の愛人”と呼ぶ上司(袴田吉彦)に勇気を振り絞って「あの呼び方やめてください!」とお願いする場面から始まる。もちろん祐希は社長の愛人ではないし、実際社長に会ったのは数えるほど。上司はそれを分かっている上で、取引先との潤滑剤として祐希を使っていたのだ。上司から返ってきたのは、「嫌ならあの時嫌って言ってよ~」「もっと気持ち良く仕事させてよ」という傷口に塩を塗るような言葉、そして、日常的なセクハラが分かる肩をねっとりと触る手。祐希は耐えかねて、上司を背負い投げしてしまう。暴力は絶対許さないと声を荒げる上司。自分は無神経な言葉と態度で祐希を殴っていた癖に。

 結局クビになってしまった祐希に手を差し伸べたのは、のちに祐希の同僚となる杉田(竜星涼)だ。「今日の痛みは一瞬、守ったプライドは永遠」。たった一言が明日を生きる力になる。失った仕事の代わりに、祐希が手にしたのは“自分らしさ”だった。けれど、自分らしく生きようとする人間には逆風が受けるもの。転職活動に励むも、祐希は気の強い性格が原因で連勝連敗。唯一受かったのは大手広告会社インサイトエージェンシーだったが、健康診断で性別が男として登録されていることを知る。担当の医師が祐希に告げたのは、同社は中途入社で女性は採用しないということ。即戦力として会社で活躍するのは男性だけ。女性は男性社員のサポートに回されるため、バリバリ働こうとする祐希は必要ないのだ。

 悩んだ末に男として入社した祐希は仕事ぶりが評価され、花形部署・第七制作部へ移動に。いきなり古橋部長(デビット伊東)と、再会を果たした杉田、キラキラ女子のあやか(水沢エレナ)とチームを組み、最重要クライアント・信玄堂の渡辺社長(友近)から予算10億円の仕事を受けることになる。

 まさに“書類を男にしただけで”地位や名誉を享受した祐希だったが、あやかを通して女性社員が受ける不遇を目の当たりにする。本当は誰よりも仕事ができるのに、男性社員に気を遣って自分の意見を押し殺すあやか。散々彼女を社内の華として扱った挙句、来年30歳になるという理由で「女は若いうちが華だから」と切り捨てる部長……。

 こんなに女性蔑視な会社が今も存在しているのだろうか、そう疑問に思った人もいるかもしれない。けれどここ数年、働く女性が増える一方でフルタイム就業率が下がり、男女間賃金格差が一向に縮まらない現実を考えると、大袈裟でもなんでもない。それにこのドラマが訴えたかったのは、働く上での性別格差だけではなかった。