アーノルド・シュワルツェネッガー主演『トータル・リコール 4Kデジタルリマスター』11月公開へ

 アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画『トータル・リコール』が、4Kデジタルリマスター版で11月27日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開されることが決定。あわせて特報映像、キービジュアル、場面写真が公開された。

 1990年12月1日に日本公開された本作。スクリーン一面にノンストップで映し出される真っ赤な火星での大冒険、ポール・バーホーベン監督のエクストリームなバイオレンス描写、そしてシュワルツェネッガーによるアクションが話題を呼んだ。

 原作は『ブレードランナー』の原作者としても知られる巨匠フィリップ・K・ディック。壮大すぎる世界観ゆえに映画化不可能といわれていたシナリオに惚れ込んだのが、当時『ターミネーター』『コマンド―』の記録的大ヒットですでにアクションヒーローとしての地位を確立していたシュワルツェネッガーだった。『ロボコップ』のバーホーベンを監督に迎え、当時の最高額となる7000万ドルもの製作費が投入された本作は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』『ダイハード2』などの話題作を抑えて全米初登場1位を獲得。その後7週にわたり1位の座を守り続け、世界各地でも大ヒットを記録した。

 公開されたキービジュアルは、90年当時のデザインをそのまま踏襲したデザインとなっている。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演『トータル・リコール 4Kデジタルリマスター』特報映像

 特報映像では、割れたマスクの中からシュワルツェネッガーが現れる伝説のシーンから、真っ赤に拡がる広大な火星、ホログラムを駆使した戦闘シーンなどこれまでの名シーンの数々が映し出されている。

■公開情報
『トータル・リコール 4Kデジタルリマスター』
11月27日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
監督:ポール・バーホーベン
原作:フィリップ・K・ディック
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、レイチェル・ティコティン、シャロン・ストーン、ロニー・コックス、マイケル・アイアンサイド
脚本:ロナルド・シュゼット、ダン・オバノン、ゲィリー・ゴールドマン
製作総指揮:マリオ・カサ―ル、アンドリュー・バイナ
コンセプト・アーティスト:ロン・コッブ
特殊メイク効果:ロブ・ボティーン
(c)1990 STUDIOCANAL
配給:リージェンツ
公式サイト:http://welcometorekall.jp
公式Twitter:@WelcomeRekall