『MIU404』最終回は驚きの展開に 制作陣の攻めるクリエイター精神とキャストの熱演に圧倒される

 ラストエピソードはまさかの2パターン! 『MIU404』(TBS系)の最終話は、機動捜査隊404号のコンビ、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が、テロ発生のフェイクニュースを流して警察を混乱させ、そのすきに姿を消した久住(菅田将暉)を探し、停泊中のクルーズ船にいた彼とついに対面した。最初に久住と接触したのは、行動先行型の伊吹。久住のせいで同僚の陣馬(橋本じゅん)が意識不明の重体になっており、それを許せない伊吹は最悪の場合、ちゃんとした捜査手順を踏まずに久住と刺し違える気でいた。しかし、船内でドラッグを精製していた部屋に囚われ、意識を失ってしまう。その直後、伊吹を追ってクルーズ船に乗り込んだ志摩もドラッグを吸わされて昏睡。そのあとの展開がすごかった。

 最初に提示された展開は、まるで映画『セブン』(デヴィッド・フィンチャー監督)のようなバッドエンディング。志摩が夜中に目覚めて久住に銃を向ける。頭脳先行型の志摩もまた刑事を辞めてでも久住を倒す決心をしていたのだ。しかし、久住の仲間(突然出てきた外国人!)に背後から撃たれてしまう。その後に覚醒した伊吹は血まみれの志摩を見つけ、『セブン』のブラッド・ピットのように「ぐぐぐ…」と憤怒に駆られ、死に際の志摩に「(久住を)殺すな」と言われたが、久住を撃つ。久住は倒れてあっさりと死んだ。志摩も死んだ。これで伊吹は刑事の職を失うだろう。「わー、最悪の展開」と、頭を抱えた人も多かったのではないだろうか。

 ところが、そのまま1年後、2020年の東京オリンピックが開催された世界線へ進んだと思ったら、『木更津キャッツアイ』(TBS系)のように時間が巻き戻され、違うパターンの展開が始まった。伊吹と志摩がクルーズ船に乗り込んだ日、元4機捜の九重(岡田健史)は相棒だった陣馬の見舞いに来ていた。そのとき、陣馬が意識を取り戻し、喜んだ九重は伊吹のスマートフォンに何度もメッセージを。バイブレータ設定がしてあったのか、スマホが動いて台から落ち、音に敏感な伊吹はそれで目を覚ました。志摩が死に久住を撃った記憶がある伊吹は恐る恐る周囲を見回すと、志摩の無事な姿が目に入り、喜びながら志摩を起こす。ドラッグのせいでお互いに「最悪な夢を見ていた」という2人。血まみれの志摩は、伊吹だけが体験したバッドトリップだったのだろうか。それとも志摩も同じ夢を?

 その後は刑事ドラマらしいアクション満載の追跡劇に。久住の逃げ込んだ屋形船に追いつく伊吹の脅威の走りっぷり、赤いMTBで久住を追う志摩、九重の運転する4号車ことメロンパンカーも久住の行方をふさぐ。久住は自分から橋に頭をぶつけるなど最後まで悪あがきをするが、結局は逮捕され、本名不明のまま収監されることに。いろいろあったが、4機捜のメンバーをはじめ、誰も死ななかったので、こちらはハッピーエンドだ。その後、再び1年後になって、オリンピックが延期された世界でマスクをした伊吹と志摩が登場するので、こちらが物語上でも「現実」の世界だとするのが素直な解釈だろう。しかし、こちらが夢で、実際にはバッドエンドだったのかもしれないという不穏さは残る。

 ちなみに久住の生い立ちについても、自分が語っていたように10年前の大災害ですべてを失ったと見るのが素直な解釈。ニュースの「復興五輪」という言葉に反応したことからもそう思えるが、そうだとしてもなぜ警察に敵意を持つのかということは謎のままだ。

 これまでリアリティ路線を貫いてきただけに、やや唐突感もある“デッドオアアライブ”の2ルート。しかし、既に第3話から登場していた違法ドラッグという伏線や、やはり第3話から提示された「(人間は)なにかのスイッチで進む道を間違える。その時が来るまで誰にもわからない」(志摩のモノローグ)という人生観から、納得できる展開に。もし、陣馬が目を覚まさなかったら、陣馬と九重が心を通わせていなかったら、九重と伊吹がメッセージアプリでつながっていなかったら、なにかひとつでも人間関係に欠落があったら、伊吹と志摩は覚醒することなく、久住のもくろみどおり海の“藻くず”になっていたのかもしれないのだ。バッドエンドとハッピーエンドは常に表裏一体である、ということか。