『午前0時、キスしに来てよ』片寄涼太の劇中広告写真公開 ムビチケ限定ビジュアルの投票企画も

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と橋本環奈がW主演を務める映画『午前0時、キスしに来てよ』より、劇中広告写真が公開された。

 本作は、『別冊フレンド』(講談社)にて連載中で、単行本(電子書籍含む)は累計発行部数260万部を超える、みきもと凜の同名少女マンガを実写化する恋愛映画。『プリティ・ウーマン』や『ノッティングヒルの恋人』でモチーフにされる“格差恋”を描く。

 片寄が演じるのは、国民的スターの綾瀬楓。一方の橋本が演じるのは、一般女子高生・花澤日奈々。そして、日奈々を近くでじっと見守ってきた幼なじみ・浜辺彰役には、デビュー直後から話題沸騰の注目株、眞栄田郷敦が抜擢された。監督を務めるのは、『四月は君の嘘』『ひるなかの流星』の新城毅彦。『グッド・ドクター』『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』(共にフジテレビ系)の大北はるかが脚本を担当する。

 この度公開されたのは、劇中に登場する国民的スター・綾瀬楓の広告写真。片寄が劇中で着用した衣裳は70点以上で、撮影シーン自体も本編に登場する。

 また、画像1点をムビチケ限定ビジュアルとして制作するため、投票企画を実施することが決定。4種のビジュアルの中から、限定ムビチケのデザインを決める投票を6月24日午前0時から6月27日午前0時までの間、映画公式TwitterアカウントInstagramアカウントで募集する。得票数の一番多かった写真を使用した限定のムビチケは、8月31日からスタートするGENERATIONS from EXILE TRIBEのライブ会場のみで販売される予定だ。

※ 原作者・みきもと凛の「凛」は旧字体が正式表記

■公開情報
『午前0時、キスしに来てよ』
12月、全国公開
原作:みきもと凛『午前0時、キスしに来てよ』(講談社『別冊フレンド』連載)
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、橋本環奈、眞栄田郷敦
監督:新城毅彦
脚本:大北はるか
配給:松竹
(c)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
公式サイト:0kiss.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる