>  >  > 『ディリリとパリの時間旅行』吹替に斎藤工ら

斎藤工&新津ちせ、ミッシェル・オスロ監督『ディリリとパリの時間旅行』日本語吹替版声優に決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新津ちせと斎藤工が、8月24日公開の映画『ディリリとパリの時間旅行』の日本語吹替版声優を務めることが決定した。

 本作は、『キリクと魔女』『夜のとばりの物語』などで知られるフランスアニメーション界の巨匠ミッシェル・オスロ監督最新作で、新たな芸術や科学技術が花開き、美しい時代“ベル・エポック”と呼ばれた19世紀末から20世紀初頭の美しいパリの物語。ニューカレド
ニアからやってきた主人公ディリリが、パリで出会った最初の友人オレルとともに、キュリー夫人やパスツール、ピカソ、マティス、モネ、ロートレック、プルースト、サラ・ベルナールら、この時代を彩った多くの天才たちと出会い、不可解な誘拐事件の謎を解いていく。

 映画『3月のライオン』で話題となり、2019年は主演映画『駅までの道をおしえて』の公開も控える新津が演じるのは、ニューカレドニアからやってくる少女・ディリリ。そして斎藤は、ディリリがパリで出会い一緒に謎を解いていく青年・オレルの吹き替えを担当する。日本語吹替版声優に決定した新津と斎藤からコメントも到着した。

コメント一覧

新津ちせ

どんなときでも前を向いて、自分の気持ちにまっすぐに行動するディリリが大好きです!
ディリリも私も「なわとびが好き」という共通点があって嬉しかったです。
性別や年齢や見た目で差別されることなく、みんなが自分らしく生きていける世界になるように、という願いがこめられている映画だと思います。
ひとつひとつの言葉を大切に、気持ちをこめてアフレコがんばります。
小さなディリリの大活躍をどうぞお楽しみに!

斎藤工

麗しきベル・エポックのパリを描いた、惚れ惚れするほど美しいオスロ監督の新作に詰め込まれた大きな議題は、現代に直結していて、オスロ作品の中でも過去最大の深さや力強さを感じました。そんな偉大な作品の”オレル”という重要な役回りを大切に向き合わせて頂きます。ベル・エポックがどういう意味合いの時代だったのか、優美な世界観の奥にある真実を是非見つめて頂きたいです。

■公開情報
『ディリリとパリの時間旅行』
8月24日(土)より YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー
監督:ミッシェル・オスロ
音楽:ガブリエル・ヤレド
声の出演:プリュネル・シャルル=アンブロン、エンゾ・ラツィト、ナタリー・デセイ
配給:チャイルド・フィルム
後援:フランス大使館/アンスティチュ・フランセ
2018年/フランス・ベルギー・ドイツ/フランス語/94分/ヴィスタサイズ/カラー/5.1ch/日本語字幕:手束紀子
(c)2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION
公式サイト:child-film.com/dilili

「斎藤工&新津ちせ、ミッシェル・オスロ監督『ディリリとパリの時間旅行』日本語吹替版声優に決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版