ロヘナ・ゲラ初長編作『あなたの名前を呼べたなら』予告編 インドの身分格差が阻む若者の姿が

ロヘナ・ゲラ初長編作『あなたの名前を呼べたなら』予告編 インドの身分格差が阻む若者の姿が

 インド出身の女性監督、ロヘナ・ゲラの長編デビュー作『あなたの名前を呼べたなら』の予告編が公開された。

 本作は、差別が残るインド社会に変革を起こしたいという想いから、インドと欧米という2つの視点を持つロヘナ・ゲラ監督が描く、厳しい身分制度や因習を乗り越えて愛を育む男女の物語。

 厳しい環境に置かれながらも夢を持ち前向きに生きようとする芯の強い女性を演じるのは、『モンスーン・ウェディング』で注目を浴びたティロタマ・ショーム。また、ラトナの働く家のイケメン御曹司アシュヴィン役を、インド系シンガポール人で『裁き』のヴィヴェーク・ゴーンバルが演じた。ラトナの優しさに触れ、次第にアシュヴィンの閉ざされた心が開かれていく。インド・アメリカ芸術協会が主催する第19回ニューヨーク・インド映画祭(NYIFF)にて、作品賞、主演女優賞のW受賞を果たした。

『あなたの名前を呼べたなら』予告編

 公開された予告編では、インドのムンバイでファッションデザイナーを夢見ながら、住み込みでメイドとして働くラトナと、雇い主である建設会社の御曹司アシュヴィンの、身分の格差が阻む2人の心の距離が映し出されている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『あなたの名前を呼べたなら』
8月2日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:ロヘナ・ゲラ
出演:ティロタマ・ショーム、ヴィヴェーク・ゴーンバル、ギータンジャリ・クルカルニー
後援:日印協会
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
2018年/インド・フランス合作/ヒンディー語・英語・マラーティー語/ビスタ/デジタル5.1ch/99分
(c)2017 Inkpot Films Private Limited,India
公式サイト:anatanonamae-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる