“暴走科学者”キアヌ・リーブス、愛する家族を救うため狂気が加速する 『レプリカズ』予告編

“暴走科学者”キアヌ・リーブス、愛する家族を救うため狂気が加速する 『レプリカズ』予告編

 キアヌ・リーブス主演映画『レプリカズ』の予告編が公開された。

 突如家族を失う絶望の中で、“甦らせる”という倫理的ジレンマをテーマにした本作は、善悪の判断よりも、愛する家族のために暴走する天才科学者の姿を描いたSFアクション。主人公の神経科学者ウィリアム・フォスターを演じるのは、『ジョン・ウィック』で復讐に燃える元暗殺者を演じたリーブス。本作では、家族を事故で失った絶望の中、愛する家族を守るため倫理に反した暴走が加速していく科学者を熱演。妻役で『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のアリス・イブ、上司役で『キングコング:髑髏島の巨神』のジョン・オーティスなどが脇を固める。

 製作には『トランスフォーマー』『MEG ザ・モンスター』のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラや、『パッセンジャー』などのメンバーと、『ジョン・ウィック』『ノック・ノック』で製作総指揮を務めたリーブス本人も名を連ねる。『デイ・アフター・トゥモロー』で脚本を担当したジェフリー・ナックマノフが監督を務めた。

『レプリカズ』予告編

 公開された予告編の冒頭では、主人公ウィリアムのクローン研究に没頭する天才科学者としての姿が描かれている。ある日突然、愛する家族全員を交通事故で失ってしまい、神をも恐れぬある決断を下すウィリアム。「蘇らせる」のセリフとともにポッドの中から妻のクローンが出現、そして何者かに捕まる家族の姿、さらには人間を激しく蹴散らすロボットの姿も映し出されている。

■公開情報
『レプリカズ』
5月17日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほかにて公開
出演:キアヌ・リーブス、アリス・イブほか
監督:ジェフリー・ナックマノフ
脚本:チャド・セント・ジョン
配給:ショウゲート
アメリカ/107分/カラー/スコープ/原題:Replicas
(c)2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.
公式サイト:replicas.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる