>  >  > 『ビール・ストリートの恋人たち』公開決定

『ムーンライト』監督最新作 映画『ビール・ストリートの恋人たち』来年2月22日公開決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『If Beale Street Could Talk(原題)』が『ビール・ストリートの恋人たち』の邦題で、2019年2月22日に公開されることが決まり、日本語字幕付き海外版予告も公開された。

 『ムーンライト』のバリー・ジェンキンスが監督を務める本作は、1970年代ニューヨークのハーレムに生きる若い2人の愛と信念の物語。原作は、ドキュメンタリー映画『私はあなたのニグロではない』の作家ジェームズ・ボールドウィンの著書『ビール・ストリートに口あらば』。

 主役のカップル役は、オーディションで抜擢された新人女優キキ・レインと『栄光のランナー/1936ベルリン』でジェシー・オーエンス役を演じたステファン・ジェームスが務める。そのほか、レジーナ・キング、コールマン・ドミンゴ、ディエゴ・ルナ、エド・スクライン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、デイヴ・フランコ、ペドロ・パスカル、フィン・ウィットロックなどが脇を固めている。

 製作総指揮には前作に続きプランB率いるブラット・ピットが名を連ね、『ムーンラ
イト』で共にアカデミー賞にノミネートされたジェームズ・ラクストンが撮影を、ニコラス・ブリテルが音楽を担当している。

『ビール・ストリートの恋人たち』日本語字幕付き海外版予告編

■公開情報
『ビール・ストリートの恋人たち』
2019年2月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
出演:キキ・レイン、ステファン・ジェームス、レジ―ナ・キング、コールマン・ドミンゴ、マイケル・ビーチ、ディエゴ・ルナ、エド・スクライン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、デイヴ・フランコ、ペドロ・パスカル
監督・脚本:バリー・ジェンキンス
原作:『ビール・ストリートに口あらば』ジェームズ・ボールドウィン著
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
2018年/アメリカ/英語/119 分/アメリカンビスタ/カラー/原題:If Beale Street Could Talk/日本語字幕:古田由紀子
(c)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト: longride.jp/bealestreet/ 

「『ムーンライト』監督最新作 映画『ビール・ストリートの恋人たち』来年2月22日公開決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版