深川麻衣、若葉竜也ら、岸井ゆきの主演×今泉力哉監督『愛がなんだ』追加キャスト発表

 今泉力哉監督作『愛がなんだ』の追加キャストが発表された。

 本作は、作家・角田光代の同名小説を実写映画化した恋愛群像劇。仕事や友人、自身の生活全てを犠牲にしてもいいほどの“愛”を持ったテルコと、彼女を取り巻く様々な人物たちを描く。テルコを岸井ゆきの、テルコが一目惚れするマモルを成田凌が演じる。

(左上から)深川麻衣、江口のりこ、若葉竜也、片岡礼子、筒井真理子

 このたび出演が発表されたキャストは5名。テルコと最も近しい友人である“葉子”を、『パンとバスと2度目のハツコイ』に続き2度目の今泉監督作品への出演となる深川麻衣。テルコの親友で、達観した価値観を持ちながらも、色男や流行りものに目がないという役どころだ。葉子に想いを寄せ、友人以上恋人未満の関係を続け、テルコの一番の理解者であるプロカメラマン志望の青年・ナカムラを、『葛城事件』の若葉竜也。テルコの仕事場の上司役を、『ぐるりのこと』など橋口良輔監督の作品に数多く出演する片岡礼子。葉子の母親を、『淵に立つ』の筒井真理子。マモルがテルコに突然紹介する年上の女性・すみれを、映画・ドラマに活躍中の江口のりこが演じる。

■公開情報
『愛がなんだ』
2019年春全国公開
監督:今泉力哉
出演:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、片岡礼子、筒井真理子、江口のりこ
原作:角田光代『愛がなんだ』(角川文庫刊)
配給:エレファントハウス
(c)2019『愛がなんだ』製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ