>  >  > 『人狼ゲーム ロストエデン』第6話場面写真

『人狼ゲーム ロストエデン』第6話場面写真公開 武田玲奈「どんどん心理戦になっていきます」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在放送中の武田玲奈主演ドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』より、第6話の場面写真が公開された。

 本作は、原作小説とコミカライズがシリーズ累計80万部を突破、アプリゲームもヒットを記録している『人狼ゲーム』の実写化第7弾となるサバイバルサスペンス。ある場所に強制的に集められた高校生10人が、あらかじめ定められた役職、“人狼”と“村人”に分かれ、命を懸けた心理戦を展開する模様を描く。武田が主演を務めるほか、小倉優香、上野優華、勧修寺保都、松本享恭、吉原拓弥、久田莉子らが出演している。

 第6話では、紘美(武田玲奈)が、自称予言者の宇田川素直(米本来輝)から“人狼”と、都築(勧修寺保都)から“村人”と指名される。それは、3回目の投票先が自分になったことを意味し、紘美の処刑後、自称霊媒師の東克彦(吉原拓弥)が正体を占い、嘘をついていた方を次の投票で処刑する流れに。紘美に絶体絶命のピンチが襲いかかる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 また、主演を務める武田からのコメントが公開。自身も高校で“人狼ゲーム”を楽しんでいたという武田は、「意外と強いほうでした。人狼になることが多かったんですけど、割と勝っていました。ゲームとしては人狼になるほうが、やりがいがありますね」とコメント。本作の主演オファーが来た際の心境については「とても長く続いているシリーズなので、すごく嬉しいという気持ちと同時に、不安もありました。『あの『人狼ゲーム』がドラマになるんだ!』と興奮しました」と語り、「やらせていただいてとてもいい経験になりました!」と振り返る。ドラマ後半の見どころについては、「後半はより盛り上がって、どんどん心理戦になっていきます。頭を使わないとこんがらがってしまうかもしれないので、一緒に考えながら、じっくり見ていただきたいです」とコメントを寄せた。

■放送情報
ドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』
tvk、メ~テレ深夜枠にて放送中
放送局:tvk、とちぎテレビ、テレ玉、チバテレ、長野放送、メ~テレ、KBS京都、サンテレビほか
出演:武田玲奈、小倉優香、上野優華、勧修寺保都、松本享恭、吉原拓弥、久田莉子、時人、米本来輝、平松賢人、山地まり、大和孔太、都丸紗也華、貴志晃平、吉原雅斗、山田智史、海田朱音、玉城裕規、小松彩夏、水野勝、足立理、加藤虎ノ介
監督:綾部真弥
脚本:川上亮、綾部真弥
原作:川上亮
小説版著:安道やすみち 川上亮「人狼ゲーム ロストエデン」「人狼ゲーム インフェルノ」竹書房刊
企画・配給:AMGエンタテインメント
(c)2018「人狼ゲーム」製作委員会
公式サイト:http://jinro-game.net/

「『人狼ゲーム ロストエデン』第6話場面写真公開 武田玲奈「どんどん心理戦になっていきます」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版