麻生久美子『ESSE』表紙に登場 特集はコロナ禍で貯金した“オカネジェンヌ”に密着

 麻生久美子が4月2日に発売の『ESSE 5月号』(扶桑社)の表紙に登場した。特集ではコロナ禍でも上手に貯金をした“オカネジェンヌ”を密着取材している。

 金賞の酢崎さんは、小さな子どもを4人抱えながらも、2020年までは貯金ゼロ。出産や引っ越し、夫の転職などで貯めるに貯められない状況が続いていた最中に訪れたコロナ禍で夫の収入が大幅ダウン。 自身の出産も重なり、家計は危機的状況に。そこで2020年から徹底的な先取り貯金と家計のやりくりを開始。夫と協力し、家計の危機を乗り超え、家族がガマンすることない楽しい生活を続けながら1年230万円の貯金を達成した。

 ほかにも、高校生と大学生の子どもがいながら年200万円貯金している人や、サブスクを見直した人、ウォールポケットを使ってお金を管理した人など、様々な“オカネジェンヌ”が登場する。

■書誌情報
『ESSE 5月号』
発売日:4月2日
定価:本体545円 + 税
発行:フジテレビジョン
発売元:扶桑社
ESSEオンライン