日向坂46 小坂菜緒、制服にさよならを告げるーー「今の私は、見た目は大人。中身は子供」

 日向坂46の小坂菜緒が2月18日に発売された『週刊少年チャンピオン』12号の表紙&巻頭グラビアに登場した。同誌への登場は今回で4度目。高校卒業を目前に、ラスト制服姿を収めたメモリアルグラビアを、12Pに渡り披露している。また、特別ふろくには両面BIGポスターがついている。

日向坂46の18歳のエース

 けやき坂46の二期生として2017年にデビューした小坂菜緒。日向坂46に改名後の2019年3月に発売された1stシングル『キュン』から2020年2月に発売された最新シングル『ソンナコトナイヨ』まで、4作連続センターに抜擢されているグループのエース的存在だ。

 また、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとしての一面も。『Rakuten Girls Award』や『東京ガールズコレクション』に出演し、ファッションモデルとしてランウェイを歩いたこともある。

 正統派なルックスと明るく優しそうなオーラを持つ美少女、小坂菜緒。日向坂46のエースとして、また『Seventeen』専属モデルとして、高校卒業後にどんな活躍を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

見た目は大人、中身は子ども

 カバンを空高く放り投げ、制服にさよならを告げる。高校を卒業しても、日向坂46の小坂菜緒であることは変わらないけれど、Q&Aによると、高校生ではなくなることに対して、悲しみと楽しみの気持ちが混在しているようだ。そんな小坂菜緒の心が表れたグラビアは、大人っぽさと子供っぽさの両方を垣間見ることができる。

 日向坂46のグループカラーである空色のキャミソール姿に、青のギンガムチェックのミニスカート姿。制服を脱いだ小坂菜緒は、高校生らしいピュアさを残しつつも、大人の顔つきを見せている。「今の私は、見た目は大人。中身は子供。見た目だけでも大人に見えるように頑張ったつもりです(笑)」とコメントが寄せられているが、落ち着きのある仕草は十分大人っぽい。背伸びをしなくても、彼女はとても芯のある女性だと感じた。