『ゴルゴ13』『鬼平犯科帳』『美味しんぼ』……「町中華」で読みたいシブい漫画は?

 人々に愛され続ける町の中華料理店。最近は「町中華」を巡るテレビ番組も放送され、その魅力が再認識されているようだ。そんな町中華での楽しみの1つに、店に置かれたシブい漫画がある。「料理が出るまで」と手にとって読んでいるうちに、食べるのを忘れるほど夢中になってしまったという方も少なくないのでは。本記事では町中華によく置かれている作品で、人々がついその魅力にハマってしまう作品に迫ってみたい。

ゴルゴ13

 町中華漫画の定番作品とも称される作品が、さいとう・たかを原作の『ゴルゴ13』だ。1968年から『ビックコミック』に連載される長寿作品で、主人公のスナイパー・デューク東郷が依頼を受け、相手を狙撃するストーリーだ。

 その内容は数多い漫画の中でもかなり刺激的で、読んでいるうちに時間を忘れて引き込まれていく。また、現実の世界情勢を反映しているため、「勉強にもなる」という声もある。

 美味しい中華料理は、作る時間もそれだけ長くなるもの。時間を忘れて熱中できるうえに人生の学びにもなる『ゴルゴ13』が町中華で愛されているのは、当然なのかもしれない。

鬼平犯科帳

 『ゴルゴ13』のさいとう・たかをが描く時代劇、『鬼平犯科帳』も町中華では定番の漫画である。原作は池波正太郎の小説で、久保田千太郎が脚色したこの作品は、主人公の火付盗賊改方長官・長谷川平蔵が悪党を悪戦苦闘しながら、捕まえる捕物帳。中村吉右衛門主演で、テレビドラマとして放送されていたことでも有名だ。

 様々なタイプの罪人を長谷川平蔵が捕まえていくという単純明快なストーリーだが、罪人もあの手この手を尽くし悪行を重ね、それを追い詰めていく様子が作品の大きな醍醐味といわれる。『ゴルゴ13』と『鬼平犯科帳』は町中華に置かれていることがなぜか多いようで、町中華漫画の王道といえそうだ。