EXILE AKIRA、初の書き下ろし自叙伝発売 下積み時代からEXILE加入後の裏話まで明かす

 EXILE AKIRAが、8月下旬に書き下ろし自叙伝を発売する。

 同作では、出生地から幼少期のエピソード、家族や仲間との青年期の思い出、ダンサーになるために借金をしながらバイトに明け暮れた10代の下積み時代のほか、全てが悪い方向に向かってしまったという知られざる一度目の上京時代や、死に直面した出来事など、EXILE加入前のAKIRAの葛藤、焦燥、嫉妬などを赤裸々に描いている。さらには、EXILE加入後の12年間の裏側も初めて明かしているという。また、気鋭のポーランド人写真家、マチェイ・クーチャによるAKIRAの撮りおろしフォト30点以上も収録。

EXILE AKIRAコメント

これまでの写真集やフォトエッセーとは違い、毎日新聞出版さんから「自叙伝」の出版のお話をいただき、その熱量に感動し、過去を赤裸々に語ることを決意しました。

EXILEとしての激動の12年間の裏側や、EXILEの活動をしていくうえでの様々な葛藤や心境の変化、自身の挫折をはじめ、EXILEという輝かしいイメージとはかけ離れた僕の泥臭い生き様など、自身の36年間の人生すべてをさらけ出しました。

以前の自分でしたら、ここまで赤裸々にさらけ出すことはありませんでしたが、今の僕の年齢や置かれている環境、そして、これからのEXILEを自分たちで創造し、引っ張っていく立場になったからこそ、今回、全てをさらけ出せたのかなと思います。

同時に、今と昔では自身を取り巻く環境は大きく変わっていますが、自身の人生の選択の仕方や、夢や目標に向かっていくスタンス、生き様は変わっていないと、本書を執筆していくなかで改めて気付くこともありました。そして、一度自分のなかでいい意味で区切りを打つことができ、ネクストステージへと進むことができると思いました。

EXILEとして個人として、今後も挑戦を止めることなく、そしてこの自叙伝をキッカケに、さらに飛躍できるよう未来を切り拓いていきたいと思います。

『THE FOOL 愚者の魂』

■書籍情報
『THE FOOL 愚者の魂』
発売:8月下旬
価格:1,620円(税込)
仕様:四六判並製 全280ページ

■関連リンク
EXILE AKIRA – EXILE mobile

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる