香取慎吾、ヒロミへの想いを語る 「ハートをいつも抱えてるあったかさを感じて」

 香取慎吾と山崎弘也(アンタッチャブル)によるロケバラエティ『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)。2月21日放送では、ゲストにヒロミを迎え、「限界に挑戦!? ヒロミが香取を追い込むロケ!!」の模様をオンエアした。

 ヒロミが登場すると、山崎は「結構大事な時期に来てくれてるんですよね。何かあるとヒロミさん」と言い、昨年7月5日に放送された香港ロケを振り返る。そして、香取が「今回、(『おじゃMAP!!』が)終わる」と口にすると、ヒロミは「こんなに呼ばれる番組がなくなっちゃったら、俺はご飯どうやって食べていくんだよ」と嘆いた。それを受けて香取も「それは僕が言いたいですよ~」と笑う。

 事前に山崎と打ち合わせたヒロミは、香取とやりたい4つのことを挙げていく。まず初めに、人生初のボルダリングをやりたいと話すヒロミ。それを聞いた山崎は「これは乗らないな~あの男(香取)。大体、運動大嫌いなんですよ!」と呟く。ヒロミも共感し「あいつが乗りそうもないものを考えた」と、あえて香取が自らやらないことを選んだと説明。ボルダリング施設には、ヒロミの愛車で向かうことになり、車内で出会いについて振り返るヒロミと香取。二人が最初に出会ったのは、およそ25年前だという。当時ヒロミが住んでいた家の話題になり、ヒロミは「あの家に来たことあるのって、慎吾と中居(正広)だけだから」と懐かしんだ。

 いざ、ボルダリング会場に着くと、ヒロミと香取は、傾斜が80度、100度、110度の壁を順調に登っていく。そして最後に、難易度が最も高い130度の傾斜にも挑戦。まず先に挑んだ香取は、一歩踏み出した瞬間に地面に落ち、呆然としながら「本気です。今の」とふざけているわけではないことを訴えかける。次に挑戦したヒロミもまた、スタンバイした途端に「これは無理だわ……」と呟き、腕を伸ばすもすぐに落下。悔しさで床にうずくまるヒロミの姿に、香取は爆笑した。また、ロープに吊るされた状態で10メートルの壁を登る、トップロープクライミングも体験。周りの声に耳を傾けながら、見事登りきった香取は、感想を聞かれ「気持ちよかった!」と笑顔を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる