>  >  > 堂本光一、DAIGOと北川景子の関係性に嫉妬

KinKi Kids 堂本光一、DAIGOと北川景子の関係性に嫉妬 「なんか腹立つわー!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらにゲストに森山が登場。元々、森山はゲストに入ってはいなかったが、10月29日にさいたまスーパーアリーナで開催された『テレビ朝日ドリームフェスティバル2017』に森山とKinKi Kidsが出演。その際に、森山が自身の楽曲「どこもかしこも駐車場」を歌った時に、剛が「自分なんやねんあれ~。めっちゃ盛り上がってたやん」とコメントをくれたというのだ。当日の様子について改めて剛は「ずっと駐車場って言ってるから、『何なん? あの歌』って言って。僕らが歌う前にずっと駐車場ばっか言って」と解説。剛が「タイムズ(コインパーキング)とかと関係あるの?」と述べるとスタジオに笑いが起きた。光一はラストの<そろそろ火星に帰りたい>という歌詞に注目。「火星から来たから『まだ駐車場なんて使ってる文明なのかよ』と」と火星人からの視点の歌詞なのではないかと話すと、森山は「すごい深読み」とコメント。光一は「ぱっと見ると何を言ってんだろうなと思うんだけど、でも直太朗くんの声で聞かされると、なんか入ってくるし不思議な曲ですよね」とも話した。森山は楽曲について、「そういうのを歌いたいって思っちゃったんですよね。ここが結局みたいなことをしのごの言い出すと、どんどんお客さんの想像を奪っちゃったりもするし。みんなで楽しく歌うと違う景色が見えてくる」と解説。森山の話に剛は「この曲は謎めいた癖がある」と述べていた。

 音楽セッションでは森山直太朗「どこもかしこも駐車場」、KinKi Kids「Topaz Love」を披露した。

(文=向原康太)

      

「KinKi Kids 堂本光一、DAIGOと北川景子の関係性に嫉妬 「なんか腹立つわー!」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版