>  >  > ピコ太郎、バラエティで総ツッコミ

ピコ太郎、海外マスコミの反響振り返る 記者会見は「ギャグでもなんでもなく、TPPPPAPでした」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  トークバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)が11月14日に放送され、ゲストにピコ太郎が出演した。

 ピコ太郎が、全国ネットのバラエティ番組に出演するのは今回が初。番組の登場シーンでは、「千葉県出身の53歳」と紹介されたピコ太郎だが、くりぃむしちゅーの有田哲平に「え? 青森でしょ?」と突っ込まれ、「プロデューサーの古坂さん(古坂大魔王)が青森出身の43歳」と言い訳をする。しかし、「ヅラなんだ」(ネプチューン名倉潤)「ヒゲ描いてるんだね」(有田)とスタジオメンバーからツッコミを受け続け、スタジオは爆笑に包まれた。

 スカイツリーにカフェもオープンしたと話すピコ太郎は、特に外国人からの反響が大きいとコメント。ピコ太郎が海外マスコミに向けた記者会見の際、中東情勢と南シナ海情勢の会見に挟まれるタイムテーブルが組まれ、「ギャグでもなんでもなく、TPPPPAPでした」と話した。

 番組では楽曲の制作秘話に関しても明かされ、古坂が作曲中に目の前にペンが2本と故郷である青森県産のりんご、そして昨日食べていたパイナップルの缶詰があり、そのまま歌詞に反映したと説明。その後、有田に対し、ピコ太郎がPPAPの振り付けを直々に指導を行った。さらに、途中でバイトのために退出したピコ太郎の代わりにプロデューサーの古坂大魔王が登場し、ピコ太郎のライブの際の音出しや動画制作の仕事をしていることを明かした。

      

「ピコ太郎、海外マスコミの反響振り返る 記者会見は「ギャグでもなんでもなく、TPPPPAPでした」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版