>  >  > HIPHOPの名著再販決定

書籍『ヒップホップ・ジェネレーション』新装版発売決定 “レコードディガー”に迫る書籍も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リットーミュージックが、書籍『ヒップホップ・ジェネレーション[新装版]』を9月16日に発売する。

 2007年の翻訳版発売後、ヒップホップの成り立ちと時代ごとの変遷、そして人種間の軋轢などさまざまな問題を抱えるアメリカ社会との関わりを、丹念かつドラマチックに描いた名作として、日本のヒップホップ・シーンでも大きな話題となった書籍が、新装版となって再リリース。ヒップホップの生成に影響を与えたジャマイカの音楽状況、黎明期のシーンの土台となったブロンクスのギャングの物語、ブレイクダンス、グラフィティを含めた初期シーンの動向、そして“公民権運動後”のヒップホップ世代がどのように生き、戦ってきたのかを、緻密な取材と膨大な資料の集積により明らかにした1冊となっている。

 また、9月23日には、書籍『For Diggers Only レコード・コレクティングの深層』の発売も決定した。掘っても掘っても尽きない金脈を求めてレコ屋通いを続ける人々、あるいは人脈や知識、勘を総動員してあらゆる方法で獲物をサーチする人々を意味する「レコードディガー」。同書はそんな飽くなき探究心を持つ男たちの生き様に、インタビュー、対談や、掘りの成果ともいえるディスク紹介で迫っていく。表紙、巻頭には国内でも指折りのディガーであった故D.L(DEV LARGE)をフィーチャー。雑誌『GROOVE』のアーカイヴからのセレクトに加え、さらなる深みを求めて追加取材を敢行している。

■書籍情報
『ヒップホップ・ジェネレーション[新装版]』
著者:ジェフ・チャン
序文:DJクール・ハーク
翻訳:押野素子
定価:本体2,200円+税
仕様:四六判/808ページ
発売:2016年9月16日(金)
発売:リットーミュージック

<本書の主な登場人物>
DJクール・ハーク、アフリカ・バンバータ、グランドマスター・フラッシュ、ロック・ステディ・クルー、FAB 5 FREDDY、DONDI、リー・キニョネスほか、著名グラフィティ・ライター、ジャン・ミッシェル・バスキア、チャーリー・エーハーン(『WILD STYLE』監督)、ランDMC、アイス・T、パブリック・エナミー、スパイク・リー、N.W.A、ロドニー・キング、ルイス・ファラカーン(ネーション・オブ・イスラム)、ボブ・マーリー、リー“スクラッチ”ペリー、マルコム・マクラーレン、ザ・クラッシュ、70年代ブロンクスのギャングと80~90年代ロサンゼルスのギャングたち

<CONTENTS>
LOOP 1 バビロンは燃えている 1968-1977
LOOP 2 プラネット・ロック 1975-1986
LOOP 3 ザ・メッセージ 1984-1992
LOOP 4 ステイクス・イズ・ハイ 1992-2001
解説:高橋芳朗

詳細はこちら

『For Diggers Only レコード・コレクティングの深層』
著者:D.L、katchin’、Illicit Tsuboi、MACKA-CHIN、MURO、RYUHEI THE MAN、家永直樹、尾川雄介、クボタタケシ、黒田大介、小西康陽、鈴木雅尭、須永辰緒、永井博、馬場正道
定価:本体2,200円+税
仕様:A5判/264ページ
発売:2016年9月23日(金)
発売:リットーミュージック

◎対談:D.L×尾川雄介、D.L×RYUHEI THE MAN、D.L×MACKA-CHIN、小西康陽×クボタタケシ、鈴木雅尭×須永辰緒、Illicit Tsuboi×尾川雄介
◎鼎談:D.L×MURO×クボタタケシ
◎インタビュー:クボタタケシ、家永直樹、小西康陽、katchin’、永井博
◎STUDIO ONEシルクスクリーンジャケットコレクション by 家永直樹
◎7インチセレクション:D.L、小西康陽、須永辰緒、尾川雄介、黒田大介
◎アジアを旅するディガーのコラム~馬場正道の頭の中。

詳細はこちら

「書籍『ヒップホップ・ジェネレーション』新装版発売決定 “レコードディガー”に迫る書籍も」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版