>  >  > “黎”はいかにして“朔”へと豹変した?

『愛してたって、秘密はある。』“黎”はいかにして“朔”へと豹変した? Hulu配信の続編を読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月17日に最終回を迎えた『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)のオリジナルストーリー「僕は誰だ?」がHuluで独占配信されている。奥森黎(福士蒼汰)は罪を償うことを決意し、立花爽(川口春奈)との再開を約束して物語は終幕したが、黎のもう1つの人格・朔との決着はついていない。黎が朔と向き合い、答えを出していく姿がオリジナルストーリーでは描かれている。

(C)日本テレビ

 取調室にて一ノ瀬義男(矢柴俊博)、井上大吾(佐伯大地)から取り調べを受ける黎。朔が警察に送った「ハズレ」の箱について聞かれ、「僕じゃなくて……」と言葉を濁す黎。すると突然、頭を抱え叫び出し「バラの香りがする」と朔が現れた。「面白かったっしょー。あれはただのゲーム」と警察を嘲る朔。事件が明るみになったことで、朔が黎の身体を乗っ取り始めている。

 朔が初めて姿を現したのは第8話。トゥーランドットを口笛でふき、スキップする姿に度肝を抜かれた。そして第10話で、朔が晶子に指示を出し犯行を行わせていた真の黒幕であることが判明。恋人の爽に「お前のこと嫌いなんだよね」と暴言を吐く豹変ぶりに、驚かされた視聴者も少なくないだろう。

(C)日本テレビ

 翌日の取り調べでは、「ゲームとはどういう意味だ?」という一ノ瀬の質問に、心当たりのない黎は首をかしげる。一ノ瀬らが困惑しているとマジックミラーに映った黎が朔として話し出した。「俺、1度お前とこうして話したかったんだよねー」と調子のいい朔に、眉をひそめる黎。しかし朔は構わず「(晶子が)最初に大人しく自首させてくれれば。あいつが守ったのは自分自身」と全く悪びれない態度を見せる。そして朔は、爽との結婚を破棄させるため、晶子へ命令し、トゥーランドットや黄色いバラといった黎のトラウマアイテムを利用し、西浦果凛(吉川愛)や安達虎太郎(白洲迅)、風見忠行(鈴木浩介)など周囲の人たちを巻き込んでいったことを嬉々として語る。朔のあまりに卑劣な態度に怒りを見せる黎だが、朔は「で、提案なんだけど俺にその身体、譲ってくんね?」とまくしたてる。

      

「『愛してたって、秘密はある。』“黎”はいかにして“朔”へと豹変した? Hulu配信の続編を読む」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版