>  >  > 『小さな巨人』香川照之の“顔芸”への期待

香川照之の顔芸 & 土下座に期待! 『小さな巨人』は『半沢直樹』を超える名作となるか

関連タグ
TBS
ドラマ
佐々木希
吉田羊
安田顕
小さな巨人
岡田将生
市川実日子
春風亭昇太
桂文枝
芳根京子
長谷川博己
香川照之
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SMAP解散後初の連続ドラマ主演となった木村拓哉や、浅野忠信、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃らの共演で話題となり、前クールの連続ドラマの中で平均視聴率第1位を獲得した『A LIFE〜愛しき人〜』。その後を受けて昨夜4月16日から放送が始まった、長谷川博己主演のTBS日曜劇場『小さな巨人』は、初回平均視聴率13.7%の好スタートを記録した。

 同ドラマの主人公は、長谷川演じる警視庁捜査一課強行班1係長の香坂真一郎。香坂は捜査一課長を目指すエリート刑事だったが、前捜査一課長で今は所轄の署長である三笠(春風亭昇太)との会食後に行った、ある飲酒運転疑惑に関する取り調べが原因で、所轄への異動を命じられてしまう。

 第1話では、その取り調べにも関連する、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社社長・中田和正(桂文枝)の誘拐事件を中心に、長谷川演じる刑事課課長代理の香坂や、安田顕演じる刑事課刑事巡査部長の渡部ら芝署の所轄刑事たちと、香川照之演じる現・捜査一課長の小野田、岡田将生演じる香坂の元部下で警視庁捜査一課長付運転担当の山田ら警視庁の人間たちが、対立しながら、それぞれの信条や思惑をもとに、捜査に挑む模様が描かれた。

 “警視庁vs所轄”という、巨大組織・警察内部での対立が大きなテーマとして掲げられている同ドラマ。それまで所轄刑事に対してぞんざいな扱いを行ってきた香坂が、その所轄に異動させられ、部下だった小野田ら元同僚たちから同様の扱いを受けながらも、所轄刑事として“覚悟”を持って捜査に挑む。捜査一課長の小野寺に宣戦布告するラストは、まさにこれからの展開を期待させる幕切れだった。おそらく、長谷川と香川の対立が今後の展開の中心になることが予想されるが、長谷川と岡田、長谷川と安田といった組み合わせが今後どのような化学反応を生み出すか、そしてヒロインの芳根京子が物語の中心にどう絡んでいくるのかが気になるところだ。

 そして第1話の放送を終え、TwitterなどSNSで話題になっているのが、同じ日曜劇場枠で放送された堺雅人主演『半沢直樹』との比較だ。『小さな巨人』には、『半沢直樹』で演出を担当した福澤克雄が監修に、脚本を手がけた八津弘幸が脚本協力としてそれぞれ参加しているのに加え、香川照之、手塚とおる、駿河太郎といった『半沢直樹』でインパクトを残したキャスト陣が、一癖も二癖もある役柄で登場している。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版