>  > 村井良大 × 武田梨奈『ドクムシ』特別対談

村井良大 × 武田梨奈『ドクムシ』特別対談

村井良大 × 武田梨奈が明かす、『ドクムシ』撮影現場の裏話 村井「梨奈ちゃんは肝が座っている」

関連タグ
ソリッド・シチュエーション・スリラー
ドクムシ
朝倉加葉子
村井良大
武田梨奈
邦画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『仮面ライダーディケイド』の仮面ライダークウガ役でブレイクした注目の若手俳優・村井良大と、アクション女優として『進撃の巨人』など数々の映画に出演している武田梨奈のW主演によるソリッド・シチュエーション・スリラー『ドクムシ』が、4月9日より公開される。2013年に「E★エブリスタ」にネット小説として投稿された八頭道尾の『コドク~蠱毒』を、合田蛍冬の作画でコミック化した『ドクムシ』を原作に、『クソすばらしいこの世界』(13)で長編デビューした新鋭・朝倉加葉子監督が映画化した本作。廃学校に閉じ込められた見ず知らずの男女7人が、生き残りをかけたデスゲーム“蠱毒”に挑む様を、ショッキングなスプラッター描写を交えて描くR15指定作品だ。リアルサウンドでは、本作で初共演を果たした村井良大と武田梨奈の対談を実施。本作の魅力やおたがいの演技について、さらには赤裸々な撮影の裏話まで語り合ってもらった。

村井「男性と女性によって視点がまったく違うのが、すごく映画的」

20160406-dokumushi-mainth.jpg

ーー今回の作品は、八頭道尾さんと合田蛍冬さんによる漫画『ドクムシ』を原作としていますが、結構ハードな内容ですよね。

村井:最初に原作を読んだ時は、率直に“エログロ”な作品だと思いましたね。でも、ただグロいだけの作品ではないくて、心理描写も凝っているし、登場人物それぞれのバックボーンも描かれていて、すごく面白かったです。漫画には漫画にしかできない表現があるし、映画にも特有の表現があるので、どういう風にこの作品が映画化されるのか、個人的にもとても楽しみでした。

武田:正直、原作を読んだ時は「これ、本当に映像化できるの?」って思ったし、それこそR15指定にしても難しいんじゃないかとも考えたのですが、脚本を読んだらちゃんと映画的な表現で原作のニュアンスが落とし込まれていて、「なるほど」って納得しましたね。

ーー映画ならではの表現というと、本作はいわゆるソリッド・シチュエーション・スリラーの作品となっています。ジェームズ・ワン監督の『SAW』やデヴィッド・フィンチャー監督の『パニック・ルーム』など、数々の名作も生まれているジャンルですが、本作もまた“密室での出来事をさまざまな登場人物の視点から描く”手法が活きていると感じました。

村井:特にこの作品は、男性と女性によって視点がまったく違うのが、すごく映画的で面白いと思います。男性陣は、危機的な状況で倫理観が失われて、欲望のままに振る舞うのですけれど、女性陣はその中で生き残るために色々と手段を考えている。男女ともに、すごく利己的で、どちらも褒められたものではないけれど、その行動はかなり違っています。どちらかというと男性の方が感情的になっているのが、この映画の特徴かもしれません。男はみんな、悪い奴らです。

武田:わたしが演じたアカネも、悪い女でしたけどね(笑)。いろんな顔を使い分けて、男性を惑わしていく役だったので。相手によって態度を変える役で、その辺りは監督とも話し合って、どう演じればリアルになるかを試行錯誤しました。

ーーふたりは初共演とのことですが、お互いの第一印象は?

村井:梨奈ちゃんはすごくシャイな印象で、周りに壁を作るタイプとはいわないけれど、自分から積極的に話すタイプではないですよね。最初は僕から話しかけたんですけど、もしその時に明るく返してくれなかったら、「俺は嫌われているんだ……」って落ち込んでいたかもしれない。「私の世界に入ってこないで」ってオーラに打ちのめされて。

武田:そんなことないですよ(笑)。どちらかというと、話しかけてほしいタイプなので、村井さんには助けられました。ただ、みんなで仲良くするストーリーの作品ではなかったので、最初は共演者の方とどこまでコミュニケーションするべきか、迷ったのは事実です。初めて顔を合わせた本読みの時も、みなさんあまりしゃべっていなかったし、「この作品は壁を作ってやっていくのかな」って思っていました。でも、リハーサルに入ったら村井さんがみんなと積極的にコミュニケーションを取ってくれたので、徐々に打ち解けることができました。

村井:辛くて暗い話だけど、だからこそ現場の雰囲気はある程度、明るい方が良いかなって思ったんですよね。そうじゃないと、あのストレスフルな状況で動けなそうだし。ところで梨奈ちゃんは、自分で「これだ!」って決めたお芝居を、すごくストレートに表現するタイプですよね。肝が座っているというか、後ろを振り返らないというか。ひとの顔色を伺う芝居ではなくて、自信を持ってバンってやりきる力強さがある。

武田:本番はそうなんですけれど、逆にテストのときはすごく探っちゃうタイプですね。どこまでやるべきか、かなり迷う方です。でも、本番になるとアドレナリンが出てきて、テスト以上のことを急にやっちゃったりする。村井さんはそれでもちゃんと受け止めてくれるから、すごくやりやすかったし、作品に入り込めました。

村井:テストと本番は違うよね。「テストと同じことやって」といわれてもできない。だってテストだもん(笑)。いっそのこと、テストのときから撮ってくれればいいのにって思う。

武田:わかります(笑)。

20160406-dokumushi-01th.jpg

ーー村井さん演じるレイジは、登場人物の中では比較的、まともなタイプですよね。

村井:すごく普通の少年というか。いろいろ心の中では感じているけれど、それを口に出してはいわないタイプ。流される感じがいかにも日本人的で、ある意味では鑑賞者と一番距離が近いキャラクターだと思います。

武田:だからこそ、難しい役柄でもありましたよね。自分から行動を起こすわけではなくて、必然的に“受ける芝居”が多くなるから、色を出しにくいというか。ほかのメンバーはキャラが濃かったので、その分、作りやすい部分もあったと思うけれど、レイジはそうではなかった。

村井:たしかに普通の役って難しいです。よく現場で「普通にやってください」とかいわれるけれど、普通っていうのは自然な演技っていうことだから、実は一番やりにくい。今回は状況がかなり特殊だったし、周りが個性的なメンバーだったから、普通に見えたかもしれないけれど、これがヒューマンドラマとかだと、さらに難しくなります。

ーーたしかにほかのメンバーはアクの強いタイプが多かったですね。

村井:トシオを演じた宇治清高くんとか、やっぱりヤンキー役が似合います。お芝居にぜんぜん計算がなくて、欲望のままにやっている感じがすごくいいんですよ。台詞が全部本物っぽいんです。

武田:でも、役柄とはギャップがありますよね。普段、話しているときは天然キャラで可愛いんですよ。結構いじられキャラだったりもして。

村井:ミチカを演じた野口真緒さんは、以前も共演したことがあるんですけど、この役柄を演じられるのは彼女しかいないと思っていました。どんな役かは観てのお楽しみなんですけれど、彼女はお芝居も上手だし、性格もすごくいいんですよね。それに、実は誰よりも大人な面を持っている。ちゃんと空気を読むし、場を俯瞰して見ているし。

武田:撮影が終わって帰ろうと思ったら、バックのところに「撮影頑張ってね」って、差し入れを置いてくれていたり。私なんか、彼女より年上なのに「次のシーンどうしよう」とか「お腹すいたー」とか、そんなことばかり考えている(笑)。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版