>  >  > 2016年のヒット曲を分析

2016年は“誰も予想していなかった”ヒット曲が生まれた? 「前前前世」「恋」「PPAP」から考察

関連タグ
RADWIMPS
星野源
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年、音楽がカルチャーの話題の中心になることが多かった。その中でも特に注目したいのが、映画『君の名は。』の大ヒット、ジャスティン・ビーバーがTwitterで取り上げたピコ太郎、そして『逃げ恥』ことドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)と「恋ダンス」ブームだ。それぞれの現象の真ん中には、RADWIMPS「前前前世」、ピコ太郎「PPAP」、星野源「恋」があった。

 この3曲は今年のヒット曲と呼んで間違いないだろう。多くの人々が、これらの楽曲を耳にし、話題に出し、一緒に楽しんだ。では、これらの楽曲はどう画期的であり、世間に広く浸透することになったのだろうか。今年11月に『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)を上梓した音楽ジャーナリストの柴那典氏に話を訊いた。

「まず、『前前前世』は『君の名は。』の主題歌なのですが、多くの人が見過ごしていると思うのは、この曲がちゃんと映画の“主題”を表現している曲だということです。『君の名は。』のストーリーにおいては「過去の書き換え」と「縁を結ぶ」というモチーフが重要な鍵をもっています。そしてこの曲の<君の前前前世から僕は 君を探しはじめたよ>というサビは、そういう映画の主題と深いところでしっかりと結びついている。主題歌が文字通り物語の“主題”を表現しているというのは、星野源の『恋』に関してもまったく同じことが言えます(参考:http://realsound.jp/2016/12/post-10717.html)。その上で、『前前前世』も『恋』も、曲自体のキャッチーさと魅力がとても大きい。さらに言えば、これまでの映画やドラマのタイアップの一般的なあり方では、主題歌は映像制作とは別の工程で作られ、あとから付け加えられるものでした。そのため、作品自体に影響を与えることは少なかったわけです。しかし、『前前前世』は新海誠監督の作風にも影響を与えたし、『恋ダンス』はドラマの演出とブームの拡大に大きく寄与した。つまり、楽曲が映画やドラマの作品性を左右するということが起こりました」

 さらに、ピコ太郎「PPAP」について、同氏は以下のように分析する。

「『PPAP』のブームはある種偶発的なものでした。ただ、この成功は、2017年以降への種まきに繋げられる可能性もあります。というのも、『PPAP』は“お笑い”という枠組みの中で消費されるのではなく、SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービス、つまり“音楽”の枠の中で流通している。しかも、これらのサービスは再生数が多いほど収益があがる仕組みなので、こういった曲と相性がいい。プロデューサーである古坂大魔王はもともと“音楽×お笑い”という分野でいろいろなことをやってきた人なので、次に向けて考えていることも沢山あると思います。次なるピコ太郎を生み出すこともできるし、今後、お笑いレーベル的なものを作ることもできる。そういった新たな可能性を持ったプラットフォームが生まれるきっかけを作ったのではないでしょうか」

      

「2016年は“誰も予想していなかった”ヒット曲が生まれた? 「前前前世」「恋」「PPAP」から考察」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版