>  > 乃木坂・生田、堀の反抗的な態度に驚愕

乃木坂46 堀未央奈、生田絵梨花の提案をバッサリ却下「そんな時間ないので……」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂工事中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46のメンバーが自分たちのやりたい企画に挑戦する冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)。5月9日放送分では、『来たれ! 新入部員大募集大会』がオンエアされた。

 同企画は、「第3回企画プレゼン大会」で秋元真夏が提案した「春の新入部員勧誘大会」が採用となり実現。新規部活動を立ち上げたい部長として、生田絵梨花、生駒里奈、松村沙友理、高山一実、堀未央奈の5名が立候補し、自身が勧める部活動の魅力をプレゼン。5人以外のメンバーは全員のプレゼン終了後、興味を持った部に入部届けを提出するというもの。

 最初に部長として登場した生田は、立ち上げたい部活動として「スキューバダイビング部」を提案。生田は14thシングル『ハルジオンが咲く頃』のヒット祈願として行なったグアムロケで、西野七瀬、松村と一緒にスキューバダイビングを体験したことから、「すごく楽しかったんですよ。神秘な世界を目にしながら、音が聞こえないから嫌なことも忘れられる」と推薦した。

 また、星野みなみも生田ら3人とは別のチームでスキューバダイビングを体験していたことを告白。星野は「(堀)未央奈とスタッフさんと3人だったんですけど、2人とも『足がつった』『息が苦しい』って言って(船から)降りてこなくて……」とMCのバナナマンに訴えると、堀は「前日に(ヒット祈願のロケ企画で)『タカダディスコ』とか『逆バンジー』を体験してて、身体がボロボロで……」と話した。

 プレゼンの最後に、生田はライセンスを取得することで仕事が増える可能性や、モルディブなどの海に潜ることができるとメンバーを勧誘。バナナマン・設楽統が堀に「これを聞いてどう思った?」と質問するが、堀はきっぱり「興味ないです」と返し、先輩である生田は「えぇ!? どうしたの?」と驚愕。生田は負けじと「ライセンスから取るということで時間もたっぷりありますし、きっと大丈夫だと思います」と提案するも、堀は「そんな時間ないので……」と断固して折れず、設楽が「グアムでトラウマになったのかもね」とフォローに入った。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版