>  >  > 乃木坂生駒、AKB兼任の苦悩語る

乃木坂46生駒里奈がAKB48兼任の苦悩明かす「一人って怖いよ。みんなが居なきゃ嫌だよ」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂って、どこ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月1日の人気番組『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)で、乃木坂46AKB48を兼任する生駒里奈の活動を追った企画「生駒里奈、選抜総選挙への道」が放送された。

 2月24日に行われた「大組閣祭り」で、両グループの兼任を務めることになった生駒。冒頭、MCのバナナマン設楽統から「(総選挙に)出るからには上を目指さないとね?」と質問されると、生駒は「私の立場では何も言えないんですよね…」と弱気な解答を見せた。これに対し、設楽が「謙虚な気持ちも大事だけど、やるからには上を目指さなきゃ!」と励まし、場面はVTRへと移った。

 まず最初に、4月12日に行われたAKB48のコンサートで、同グループのメンバーとして初めてファンの前に登場した際の映像が放送された。渡辺麻友から「やっとお披露目だね、初日大丈夫?」と背中をさすられるなど、AKB48のメンバーから声をかけられていた生駒。その後、この日の出来事についてのインタビュー映像が流れ、生駒は「AKBのメンバーが居るところにポッと入ってすぐ帰ってきた感じ。(フリを)覚えるのは早い方なんですけど、曲調が違いすぎて覚えられなかった」と語った。

 また、同番組から兼任を了承した理由について尋ねられた生駒は、「代々木ライブやZeppツアーを東名阪でやって、『このままじゃダメ』『もっと上手くなりたい』と思ってた時に話が来た。メンバーの中には『応援してるよ』って子もいれば、『なんで?』って不安がたくさん出てきたと思う」と語った。

 その後、生駒の兼任発表に対し、複雑な心境になったメンバーとして、西野七瀬・松村沙友理のコメントが放送された。西野は「始めは喜びはしなかったです。兼任の話を聞いた時は泣いた。『これからどうなっていくんやろうな』と…」、松村は「ちょっと悲しい気持ちはありましたね。ずっと乃木坂46の顔としてやってきた子やったから、AKB48に行くのは悲しかった」と、当時の心境を語った。

 また、「選抜総選挙」への参加に関しては、生駒が「(桜井)玲香キャップに聞いたら、『出るべきだよ 出ても私は支えるから大丈夫だよ』って」と後押しされたことを明かすと、桜井は「『最後は応援してくれると思うから、今は気にしなくてもいいんじゃない?』という話をしました」と、アドバイスを授けたことを明かした。

 立候補後は生駒に対し様々な声が寄せられたが、このことについて生駒は「案の定、『すごいね!』と『何してるんだよ!』という意見が半々だった。でも自分で決めた結果を一生懸命やって、見てもらうしかない」と、総選挙への意気込みを語った。

 その後、番組から生駒に対し、生駒の顔写真ティッシュ4600個が授けられた。これはデビューシングル『ぐるぐるカーテン』のリリースの際に行ったティッシュ配りを再現したもので、今回は生駒の選挙活動に活かすため、渋谷、新宿、秋葉原・池袋・大宮の町中や、CM撮影現場・バラエティ番組の撮影現場など、各地で配布が行われた。

 しかし、舞台『16人のプリンシパル trois』の練習期間と被っていたことにより、移動中の車内で「プリンシパルの稽古に集中出来ない。覚える前に死んじゃう…。」と語った生駒。これに対し、インタビュー映像で若月が「出来ないことも出来るって思い込ませて頑張るタイプなので、もし一瞬でも『厳しいな』と思ったら全然言って欲しい」と語ったり、桜井が「変なところ頑固なんですよ。彼女の不安を取り除いてあげられる何かが出来たら良いなとは思います」と語るなど、メンバーもその多忙なスケジュールを心配していたようだった。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版