通勤に最適な「折りたたみ式移動デバイス」を学生が考案

通勤に最適な折りたたみ式移動デバイス

 スリランカの学生、アマンダ・ヘッティアラチッチ氏が、Apple製品風の折りたたみ式モビリティデバイスを考案した。

Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより

 同氏は都市部の移動に適したデバイスを考案した理由に、人口増加による交通手段の逼迫をあげている。ボストンコンサルティンググループの調査によると、米ロサンゼルスの人々は、1年間に119時間を通勤に費やしているといい、爆発的な人口増加が進む今、その時間はさらに増えることが確実だ。この問題を解決するため、パーソナルな移動手段が必要だと考えたという。

 今回考案されたデバイスは、同氏が“ハイエンドライフスタイルブランド”と語るApple製品を模したデザインで、「Apple iLine」と「Apple iLine mini」の2つのバージョンが用意されている。「Apple iLine」にはフットボードの中央に取り外しが可能なポールが搭載されており、これを足ではさむようにして利用するようだ。ポールの上部にあるタッチスクリーンには、ユーザー識別ボタンとスピード調整ボタンがついている。

Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより

 「mini」はポールがなく、フットボードと3つのタイヤのみで構成された、さらにシンプルな構造となっている。iPhoneやApple Watchのアプリでデバイスをコントロールできる仕様とのこと。両デバイスには高度な識別センサーが搭載されており、障害物を素早く回避できるほか、混雑した道を避け、目的地への最適なルートを案内してくれるシステムもあるようだ。

 「Apple iLine」は一アイデアの段階だが、実際に世界中の都市部で交通渋滞が起こっているのは事実だ。パーソナルモビリティは、この問題を解決するヒントとなるかもしれない。

Amanda Hettiarachchi Behanceより
Amanda Hettiarachchi Behanceより

(画像=Amanda Hettiarachchi Behanceより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://www.behance.net/gallery/128545607/Apple-iLine-Personal-Urban-Transportation-Device
https://www.yankodesign.com/2021/10/10/forget-apple-car-this-foldable-iline-personal-transporter-is-the-ideal-design-for-urban-commuting/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる