ポルシェ「911 GT3」は色を楽しむ車? 「シャークブルー」はビーチで見かけたあるものにヒントが

 4月7日に予約受付が開始されたポルシェの新型「911 GT3」。ハイパフォーマンスであるのはもちろんのことながら、ボディカラーも14色展開と豊富で、“色を楽しむ車”とも称されている。

 本モデルのイメージカラーには新色の「シャークブルー」が採用されている。これは、ポルシェのGT部門トップのアンドレアス・プレウニンガー氏が、サルデーニャ島のビーチで見かけたヨットから着想を得ている。同氏は「ビーチに横たわっていたら、青い船体のとてもエレガントなヨットが通り過ぎた」という。そしてすぐに「まさにこれが我々に必要な色だ」と感じ、カメラに収めたそうだ。

 「シャークブルー」のほかに、オプションカラーとして前モデルより登場の「クレヨン」、「ラヴァオレンジ」、「パイソングリーン」も用意されている。

 ポルシェはこれまでも多種多様なカラーを生み出しており、米車専門メディアの『Jalopnik』によると、グリーン系カラーのモデルだけで70色以上が販売されてきたようだ。

 代表的なもので言えば、鮮やかな「バイパーグリーン」や、青みがかった「シグナルグリーン」などが有名だろう。中にはほぼシルバーに見える「グラファイトグリーンメタリック」やほぼブラックの「ダークオリーブメタリック」などのイレギュラーも存在するが、それでも目を見張るほどのカラー展開だ。

 『Jalopnik』は、今回ポルシェが「パイソングリーン」を生み出した理由について、「定かではないが、おそらく車のボディーカラーオタクを喜ばせるためだろう」と考察している。

 歴代のポルシェの画像を掲載しているメディア『Rennbow』では、グリーン系を含め509色のモデルを写真つきで確認することができる。見応えのあるサイトなので、気になる方はチェックしてみてはいかがだろうか。

(画像=MOTER AUTHORITYより)

■堀口佐知
ガジェット初心者のWebライター兼イラストレーター(自称)。女性向けソーシャルゲームや男性声優関連の記事を多く執筆している。

〈Source〉
https://jalopnik.com/important-the-2022-porsche-911-gt3-comes-in-one-of-por-1846675264
https://rennbow.org/porsche-colors/Python%20Green