アナログレコードとスマホ組み合わせた「RECORD MUSIC VIDEO」で名盤の魅力を再解釈 渋谷で作品展示開催中

 アナログレコード専用ミュージックビデオシステム「RECORD MUSIC VIDEO」を用いた作品展示「RECORE MUSIC VIDEO GALLERY」が、2021年3月19日から21日の間、渋谷のレコード・バー「BLOODY ANGLE Dougen Tong」で行われている。

 これは、日本で初めてLPレコードが発売された「LPレコードの日(3月20日)」に合わせて実施されているもの。6組の作家・アーティストが、レコード盤の上にスマートフォンを置いてはじめて視聴できるミュージックビデオシステム「RECORD MUSIC VIDEO」のフォーマットを使い、名盤レコードの魅力の再解釈を試みている。

 参加しているのは、同技術を開発したHYTEKの満永隆哉氏や、さまざまなアーティストのMVなどを手がけるBUDDHA.INC.、後藤宙、SHIMPEI MIURA、NEO 曼陀羅 BOYZ、OLIと、新進気鋭のアーティストも多数参加。久石譲『紅の豚 サウンドトラック』、A Tribe Called Quest『THE LOW END THEORY』、5lack『KESHIKI』、The Beatles『Help!』、Aphex Twin『Richard D. James Album』などの名作LPに、独自の解釈やギミックを用いた映像を表現することで、作品の持つ世界観をさらに拡張することに成功している。

■イベント情報

『6 ANALOG RECORDS × 6 VISUAL ARTISTS.』
https://www.recordmusicvideo.com/gallery

〈日時〉
3月20日〜21日
11:00 開始、20:00 終了予定
感染対策で人数制限を行う場合もございます。
展示イベント中も会場のBLOODY ANGLE Dougen Tongは通常の店舗営業を行っております。
会場:BLOODY ANGLE Dougen Tong
住所:東京都渋谷区道玄坂 2-15-1 ノア道玄坂ビル 地下 1 階
https://bloodyangle.tokyo/

〈参加アーティスト〉

BUDDHA.INC.

〔LP RECORD:Coming soon… 〕
日本のカルチャーを様々な視点から捉え直す新進気鋭のプロダクション。HIPHOP・ロック・ビジュアル系まで様々なカテゴリーのMVや、企業CMのアートディレクションと制作業務を行う傍ら、作家として様々な自主制作作品も発表。

後藤宙 / KANATA GOTO

〔LP RECORD:THE LOW END THEORY 〕
1991年東京生まれ。美術家。主なメディアとして糸を使った彫刻やインスタレーションを制作。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻在籍。2015年SICF16スパイラル奨励賞、2016年みなとメディアミュージアム大賞、2016年Tokyo Midtown Awardグランプリなど受賞多数。

OLI

〔LP RECORD:紅の豚 サウンドトラック 〕
広島出身で大学在学時から、ゲストの前で即興でアートを作り出すライブペイントを始める。数々のクラブやパーティーシーンでグラフィティーアート、エアロゾールアートによるパフォーマンスを行い、2016年初の個展を開催し高として活動を始める。その他にアートディレクターとしてファッション、映像、クラブシーンなどでアートイベントの企画や運営を行いながらミュージシャンとのコラボレーションなど様々な場所でアートの活動の幅を広げている。薔薇や人物などのモチーフに字体やポップアイコンを組み合わせたシリーズやWARPシリーズでは歪んだ世の中で新たなバランスを得るというテーマで独自の世界観を発信し、力強さや華やかさ、そして発せられるエネルギーは見る者に何かを問いか ける。

NEO 曼陀羅 BOYZ

〔LP RECORD:5lack – KESHIKI 〕
2020年、コロナ禍の中突如出現した正体不明のコラージュグラフィックアーティスト。日本やアジアの魅力を再解釈した作品を発表し続け、インターネット上では#合法視覚薬物という新ジャンルを開拓し続けている。

満永隆哉 / TAKAYA MITSUNAGA a.k.a. mic

〔LP RECORD:The Beatles – Help! 〕
国内外でのパフォーマー生活を経て、2015年に広告会社にクリエイティブ職として入社、2020 年テックエンターテインメントレーベルHYTEK代表。大阪籠球会所属。クリエイターとアーティストの両側面からのアプローチで、乖離する日本のエンターテインメントの表舞台と裏方と、マスとストリートとを、クリエイティブとテクノロジーの力で繋ぐことを目標に活動。パフォーミングアーティストとしては日本人フリースタイルバスケットボーラーとして初となるNBA 公式戦・TEDxKEIO・音楽イベン トなど様々なステージに出演。クリエイティブ職のプランナーとしてはグローバルクライアントのPR・ プロモーション・コピーライティングを担当し、ACC・OCC 新人賞・販促会議賞・ JAA 広告賞・朝日広告賞など受賞。2020年、アナログレコード専用ミュージックビデオシステム「RECORD MUSIC VIDEO」を開発し発表。

SHIMPEI MIURA

〔LP RECORD:Aphex Twin – Richard D. James Album〕
2015年より、気泡や熱などの現象から生まれる美に着目したプロダクト制作を行い、Eindhoven、 Paris、Milano などで出展活動を行う。ある日、自然の計算不可能な側面に表現の限界を感じ絶望。この頃、Game Engine を触り始め、あらゆる物質、現象が計算可能な世界に感銘を受け、Realtime Renderingに傾倒。現在は、架空の生き物である Virtual Beings を素材としたAudio Visual に没頭 中である。2021年、SHIMPEI MIURA は、全くの未完であり、どこへ向かうのか謎めいている。

パートナー:ION、Marantz Professional、BUDDHA.INC.