『アイシールド21』手掛ける村田雄介×任天堂×ルビーパーティーの化学反応 『バディミッション BOND』が描く“魅力的なキャラの関係性”

 2021年1月29日にNintendo Switch用ソフトとしてリリースされたアドベンチャーゲーム『バディミッション BOND』をご存知だろうか。

 本作は販売を任天堂が、開発をコーエーテクモゲームスの女性向け恋愛アドベンチャーゲーム“ネオロマンス”シリーズの制作チーム、ルビーパーティーが担当。さらにキャラクターデザインを『アイシールド21』や『ワンパンマン』の作画担当で知られる村田雄介氏が手掛けるという、豪華な座組で製作されている。

 そうして完成したゲームは、この座組のそれぞれの長所が見事に調和し、総合するとなかなかユニークな作品に仕上がっていた。本稿では、このゲームの何が魅力で、どんな人におすすめなのかをネタバレなしで紹介していこうと思う。

尖った個性を持った4人の男たち「チームBOND」

 『バディミッション BOND』の物語は、暗躍する謎の組織「DISCARD(ディスカード)」の陰謀を阻止するために集った4人の男たち「チームBOND」を主人公に、数々の難事件に挑むというもの。

バディミッション BOND オープニングムービー

 まずこの4人の非常に尖った個性が、本作の面白さの屋台骨と言える。正義感に溢れ、ヒーローに憧れる警察官のルーク、短気で直情的な大怪盗のアーロン、酒と女性が好きでいつもおちゃらけている元忍者のモクマ、変装の達人で完璧主義者の詐欺師・チェズレイ。4人はお互いのあまりに異なる価値観から時に衝突しながらも、それぞれの異なる技能を活かして協力していくことになる。

 ゲームは章仕立てとなっており、各章ごとにストーリーが進行する“ノベルパート”と、事件の全容を探るための“捜査パート”、これらを受けて事件解決のために敵の居場所に潜り込む“潜入パート”、この3つのパートに分かれている。捜査パートは目標となる行動回数が定められているが、この中で集めた情報が多ければ、潜入パートでルートを2通りから選べるといった恩恵がある。各章の最後では次のエピソードに進めるようになると同時に、いかにスマートに事件を解決したかが総合的に評価され、この評価によってはサイドストーリーが解禁されるというのがゲーム全体の大きな流れだ。

“バディを組む”行為がストーリーとゲームシステムの橋渡しとして機能

 注目すべきはゲームを構成するあらゆる要素が、主役4人の「関係性」を魅力的に描くという一点を重視して設計されていることだろう。

 曲がったことができないルークと、極悪人として指名手配されながらも、強い信念を持つアーロン。飄々としており人が良いモクマと、悪人に対してならば命を奪うことすらいとわないチェズレイ。主にこの2組が対比的に描かれるのだが、ルークとモクマ、アーロンとチェズレイといったその他の組み合わせにも、ストーリー、ゲームシステムの両面で“美味しさ”が用意されている。徐々に絆を深めていくチームBONDのやりとりは、いわゆる“ブロマンス”的な魅力が満載だ。

バディミッション BOND WebCM ルーク×アーロン篇
バディミッション BOND WebCM モクマ×チェズレイ篇

 ストーリーのいちばん最初から登場するのはルークのみだが、そこからアーロン、モクマ、チェズレイが仲間に加わっていき、それらの出会いは非常にドラマチックに、そして彼らのまったく異なる個性が強調される形で描かれる。

 この個性の強調という点では、コミックを意識した各種演出の効果も大きい。ノベルパートや捜査パートの会話シーンは基本的にオーソドックスなノベルゲームの画面構成で進行していく本作だが、時折コミックのコマ割りを模した、躍動感溢れる演出が成される。こういった特殊な演出のほか、各キャラクターの立ち絵差分もデフォルメの効いたコミカルなものが数多く用意され、この“コミック的強調”がキャラクターの個性をさらに引き立てている。

 捜査パート、潜入パートは4人の中からふたりひと組のバディを選択することになる。捜査パートでは、事前の情報などを頼りに捜査対象の人物と相性の良いキャラクターで話し掛けることで「クリティカルトーク」が発生、事件解決に有用な情報が引き出せる。行動回数には上限があったり、目標回数を上回ってしまうと評価が下がったりするので、いかに効率よく捜査を行えるかもバディの組み合わせを考える際の判断材料だ。

 潜入パートでも、選ぶルートによって選択できるバディが変わってくるなど、“キャラクター同士がバディを組む”という行為が、一貫してストーリーとゲームシステムの橋渡し的な役割を果たしているのが面白い。バディを組んだキャラクターの組み合わせによって専用の会話なども用意されているので、ゲーム攻略のためにプレイヤーが取った選択が、そのまま関係性の掘り下げにもなるというわけだ。

 サイドストーリーには、チームBONDの4人それぞれのバックボーンを掘り下げる“サイドエピソード”と、バディ間の本編ストーリーでは描かれなかったやり取りを描く“バディエピソード”が存在。“バディエピソード”は4人の1対1の組み合わせが6通りすべて用意されていて、どの関係性が“刺さった”プレイヤーにとってもしっかりご褒美として機能している。