iPhone 13のWi-Fi 6E対応は決定的か 海外アナリストが確信

 今年ローンチされると思われるiPhone 13シリーズ(仮称)は、Wi-Fiの機能が劇的に改善する可能性が伝えられている。ここにきて海外のアナリストたちは、その確信をさらに深めているようだ。

SkyworksがAppleにWi-Fi 6E電力増幅器を供給

 iPhone 13シリーズは高速なWi-Fi 6Eに対応すると『MacRumors』は報じている(参考:https://www.macrumors.com/2021/01/26/iphone-13-wi-fi-6e-rumor/)。

 イギリスの金融機関BarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏とThomas O’Malley氏によると、Appleは2021年にWi-Fi 6Eに初めて対応するiPhoneをリリースすることになるという。Appleサプライヤーの半導体メーカーSkyworksがWi-Fi 6E電力増幅器といった様々なコンポーネントを供給するとしている。

 Barclaysは2020年の年末頃に「Wi-Fi 6EをSkyworksに発注するかもしれない」として、iPhone 13がWi-Fi6Eに対応する可能性があることを報告していた。そして今年に入って行われた最新の報告では、それが確信に変わっていることをその表現内容からうかがわせる。

 Wi-Fi 6Eは、Wi-Fi 6の6GHz帯でも利用可能な新しい拡張版規格で、より高いパフォーマンス、より低い遅延、より高速なデータレートといった機能を提供する。また既存の2.4GHzや5GHzのWi-Fiをはるかに超える帯域幅で効率的に処理し、デバイスの干渉を減らしてワイヤレスのインターネット接続が安定する。